「ここにいてはダメ」 ハザードマップに多くの人が驚く

「ここにいてはダメ」 ハザードマップに多く(おおく)(ひと)驚く(おどろく)

東京(とうきょう)江戸川(えどがわ)()は、(あめ)がたくさん降っ(ふっ)たときに危険(きけん)場所(ばしょ)知らせる(しらせる)「ハザードマップ」を新しく(あたらしく)作っ(つくっ)て、配り(くばり)ました。表紙(ひょうし)には太い(ふとい)()で「ここにいてはダメです」と書い(かい)てあります。 ハザードマップによると、(あめ)台風(たいふう)などで荒川(あらかわ)江戸川(えどがわ)があふれたら、江戸川(えどがわ)()のほとんどの場所(ばしょ)(みず)入っ(はいっ)て、(みず)がなくなるまで1週間(しゅうかん)から2週間(しゅうかん)かかります。このため、(かわ)があふれる(まえ)江戸川(えどがわ)()(そと)避難(ひなん)するように書い(かい)てあります。 これを()多く(おおく)(ひと)驚い(おどろい)てインターネットのSNSに、「自分(じぶん)住ん(すん)でいる()から『(べつ)場所(ばしょ)行け(いけ)』と言わ(いわ)れるとは思わ(おもわ)なかった」とか、「正直(しょうじき)でいい」などと書い(かい)ています。 江戸川(えどがわ)()職員(しょくいん)は「ハザードマップを()て、どんな行動(こうどう)をしたらいいか(いま)から考え(かんがえ)てほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading