小さな(ちいさな)子ども(こども)助けよ(たすけよ)う AEDの使い方(つかいかた)教える(おしえる)(かい)開く(ひらく)

日本赤十字社(にほんせきじゅうじしゃ)は、小さな(ちいさな)子ども(こども)(いのち)助ける(たすける)ために、「AED」をどのように使っ(つかっ)たらいいか教える(おしえる)(かい)開き(ひらき)ました。AEDは、心臓(しんぞう)(きゅう)止まっ(とまっ)(ひと)(からだ)電気(でんき)流す(ながす)パッドを貼っ(はっ)て、心臓(しんぞう)動かす(うごかす)機械(きかい)です。 大阪(おおさか)()開い(ひらい)(かい)には、保育園(ほいくえん)先生(せんせい)など33(にん)参加(さんか)しました。大人(おとな)とは違っ(ちがっ)子ども(こども)には、パッドは小さな(ちいさな)ものを使っ(つかっ)て、(むね)背中(せなか)貼っ(はっ)たほうがいいと説明(せつめい)がありました。そのあと、赤ちゃん(あかちゃん)人形(にんぎょう)使っ(つかっ)て、2(ほん)(ゆび)心臓(しんぞう)のマッサージをするやり方やAEDの使い方(つかいかた)練習(れんしゅう)しました。 AEDは事故(じこ)心臓(しんぞう)(きゅう)止まっ(とまっ)場合(ばあい)役に立つ(やくにたつ)ため、専門(せんもん)()練習(れんしゅう)して使っ(つかっ)てほしいと言っ(いっ)ています。 滋賀(しが)(けん)大津(おおつ)()今月(こんげつ)初め(はじめ)交通(こうつう)事故(じこ)があって、保育園(ほいくえん)子ども(こども)が2(にん)亡くなり(なくなり)ました。事故(じこ)のときなどに、小さな(ちいさな)子ども(こども)をどのように助け(たすけ)たらいいか考える(かんがえる)(ひと)増え(ふえ)ています。

Loading