SNSを使ったトラブルの相談が最も多くなる

SNSを使っ(つかっ)たトラブルの相談(そうだん)最も(もっとも)多く(おおく)なる

消費(しょうひ)生活(せいかつ)センターによると、買い物(かいもの)などのトラブルの相談(そうだん)(なか)で、インターネットのSNSを使っ(つかっ)(ひと)からの相談(そうだん)増え(ふえ)ています。去年(きょねん)(いま)までで最も(もっとも)多い(おおい)(まん)6805(けん)相談(そうだん)がありました。 この(なか)では20(さい)から29(さい)(ひと)相談(そうだん)が30%で最も(もっとも)多く(おおく)なっています。年齢(ねんれい)高い(たかい)(ひと)でも、50(さい)から59(さい)(ひと)は15%ぐらい、60(さい)から69(さい)(ひと)は7%ぐらいいました。50(さい)以上(いじょう)(ひと)相談(そうだん)は4(ねん)(まえ)の1.8(ばい)になりました。 相談(そうだん)(なか)特に(とくに)多かっ(おおかっ)たのは、SNSで「簡単(かんたん)なやり方でお金をたくさんもらうことができます。やり方を教え(おしえ)ます」と言わ(いわ)れて、その情報(じょうほう)買っ(かっ)てしまったトラブルです。 政府(せいふ)は、トラブルの相談(そうだん)増え(ふえ)原因(げんいん)の1つは、年齢(ねんれい)高い(たかい)(ひと)のSNSの利用(りよう)多く(おおく)なったことだと考え(かんがえ)ています。

Loading