たくさん引用(いんよう)された科学(かがく)論文(ろんぶん) 1(ばん)はアメリカで2(ばん)中国(ちゅうごく)

いい研究(けんきゅう)論文(ろんぶん)は、(べつ)論文(ろんぶん)一部(いちぶ)使わ(つかわ)れることがあります。これを「引用(いんよう)」と言い(いい)ます。 日本(にっぽん)科学(かがく)技術(ぎじゅつ)振興(しんこう)機構(きこう)は、どの(くに)論文(ろんぶん)がいちばん引用(いんよう)されたか、151の科学(かがく)分野(ぶんや)について調べ(しらべ)ました。 2015(ねん)から2017(ねん)まで平均(へいきん)すると、1(ばん)多かっ(おおかっ)たのはアメリカの論文(ろんぶん)で、80の分野(ぶんや)でいちばん引用(いんよう)されていました。2番目(ばんめ)中国(ちゅうごく)論文(ろんぶん)で、71の分野(ぶんや)でいちばん引用(いんよう)されていました。どの分野(ぶんや)でもいちばん引用(いんよう)されたのはこの2つの(くに)論文(ろんぶん)だけでした。 次に(つぎに)引用(いんよう)された回数(かいすう)(うえ)から5番目(ばんめ)までだった論文(ろんぶん)(くに)調べる(しらべる)と、日本(にっぽん)は18の分野(ぶんや)で5(ばん)以内(いない)でした。20(ねん)(まえ)は83の分野(ぶんや)で、そのときよりずっと少なく(すくなく)なっています。 科学(かがく)技術(ぎじゅつ)振興(しんこう)機構(きこう)では「日本(にっぽん)はいい研究(けんきゅう)をする(ちから)低く(ひくく)なっていることがわかりました。大きな(おおきな)問題(もんだい)だと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading