日本(にっぽん)大学(だいがく)卒業(そつぎょう)した外国(がいこく)(じん) 働ける(はたらける)仕事(しごと)増える(ふえる)

日本(にっぽん)旅行(りょこう)する外国(がいこく)(じん)増え(ふえ)ていて、レストランや(みせ)日本語(にほんご)上手(じょうず)外国(がいこく)(じん)働い(はたらい)てほしいと考え(かんがえ)ています。 (いま)まで、留学生(りゅうがくせい)日本(にっぽん)大学(だいがく)大学院(だいがくいん)卒業(そつぎょう)したあと日本(にっぽん)でできる仕事(しごと)は、大学(だいがく)勉強(べんきょう)した知識(ちしき)使う(つかう)ような仕事(しごと)だけでした。 (くに)は、大学(だいがく)などを卒業(そつぎょう)してレストランや(みせ)日本語(にほんご)使う(つかう)仕事(しごと)をする(ひと)に、日本(にっぽん)で5(ねん)働く(はたらく)ことができる「特定(とくてい)活動(かつどう)」のビザを出す(だす)ことにしました。日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)のN1に合格(ごうかく)していることなどが必要(ひつよう)です。

Loading