動物(どうぶつ)看護(かんご)()」 (くに)試験(しけん)行う(おこなう)国家(こっか)資格(しかく)になる

動物(どうぶつ)病院(びょういん)などで、(しし)医師(いし)手伝い(てつだい)をする「動物(どうぶつ)看護(かんご)()」は2(まん)(にん)ぐらいいます。動物(どうぶつ)看護(かんご)()資格(しかく)取る(とる)ための試験(しけん)は、民間(みんかん)団体(だんたい)行っ(おこなっ)ていて、(くに)行っ(おこなっ)ていません。しかし、ペットの病気(びょうき)やけがを高い(たかい)技術(ぎじゅつ)治し(なおし)てほしいと考える(かんがえる)(ひと)増え(ふえ)ていて、(しし)医師(いし)看護(かんご)()技術(ぎじゅつ)上げる(あげる)ことが必要(ひつよう)になっています。 このため国会(こっかい)議員(ぎいん)のグループは、「動物(どうぶつ)看護(かんご)()」を国家(こっか)資格(しかく)にするための法律(ほうりつ)(あん)作り(つくり)ました。国家(こっか)資格(しかく)は、(くに)試験(しけん)合格(ごうかく)した(ひと)取る(とる)ことができる資格(しかく)です。 (あん)では、(しし)医師(いし)指示(しじ)で「動物(どうぶつ)看護(かんご)()」がペットの()採っ(とっ)たり、ペットに(くすり)をあげたりできるようになります。 いま開い(ひらい)ている国会(こっかい)で、新しい(あたらしい)法律(ほうりつ)ができることになりそうです。

Loading