横断歩道の信号「目に障害がある人のために音を出して」

横断(おうだん)歩道(ほどう)信号(しんごう)()障害(しょうがい)がある(ひと)のために(おと)出し(だし)て」

東京(とうきょう)去年(きょねん)12月、()障害(しょうがい)がある男性(だんせい)が、(あさ)早く(はやく)横断(おうだん)歩道(ほどう)(くるま)にはねられて亡くなり(なくなり)ました。横断(おうだん)歩道(ほどう)には、信号(しんごう)(あお)になったことを(おと)知らせる(しらせる)信号(しんごう)がありました。しかし、(よる)から(あさ)静か(しずか)にするために(おと)出し(だし)ていませんでした。 (おと)出る(でる)信号(しんごう)日本(にっぽん)に2(まん)4000ぐらいあります。しかし、この(なか)多く(おおく)は、(あさ)(よる)(おと)出さ(ださ)ないようにしています。 障害(しょうがい)がある(ひと)たちの団体(だんたい)によると、()障害(しょうがい)がある(ひと)(なか)には、(ひと)(くるま)少ない(すくない)(あさ)早く(はやく)(よる)仕事(しごと)行っ(いっ)たり帰っ(かえっ)たりする(ひと)もいます。団体(だんたい)は「横断(おうだん)歩道(ほどう)近く(ちかく)住ん(すん)でいる(ひと)相談(そうだん)して、(あさ)(よる)でも()障害(しょうがい)がある(ひと)渡る(わたる)ときは(おと)出る(でる)ようにしてほしいです」と言っ(いっ)ています。 警察(けいさつ)は「近く(ちかく)住ん(すん)でいる(ひと)意見(いけん)障害(しょうがい)がある(ひと)安全(あんぜん)両方(りょうほう)考え(かんがえ)て、どうしたらいいか決め(きめ)たいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading