弁当(べんとう)(はこ)にから揚げ(あげ)入れる(いれる)ロボットなどの展示(てんじ)(かい)

料理(りょうり)ができる新しい(あたらしい)ロボットや機械(きかい)紹介(しょうかい)する展示(てんじ)(かい)東京(とうきょう)()江東(こうとう)()始まり(はじまり)ました。700ぐらいの会社(かいしゃ)集まり(あつまり)ました。 この(なか)には、(ひと)のような(かたち)をしていて、弁当(べんとう)(はこ)にトマトやから揚げ(あげ)入れる(いれる)ロボットがあります。ロボットは(あたま)(むね)にあるカメラと、コンピューターのAIで、自分(じぶん)(まえ)にどんな食べ物(たべもの)があるかがわかります。そして、(はこ)(なか)決まっ(きまっ)場所(ばしょ)食べ物(たべもの)入れる(いれる)ことができます。 (べつ)会社(かいしゃ)のロボットは揚げ物(あげもの)作り(つくり)ます。冷蔵庫(れいぞうこ)から(にく)などを出し(だし)たあと、(あぶら)揚げ(あげ)(きゃく)出す(だす)まで、全部(ぜんぶ)自動(じどう)でできます。会社(かいしゃ)は、働く(はたらく)(ひと)足り(たり)なくて困っ(こまっ)ているコンビニやスーパーからロボットについての質問(しつもん)()ていると言っ(いっ)ています。 会場(かいじょう)()たお菓子の会社(かいしゃ)(ひと)は「(ひと)同じ(おなじ)ように動く(うごく)ロボットがたくさんあって、驚き(おどろき)ました。ロボットを使う(つかう)ことを考え(かんがえ)たいです」と話し(はなし)ていました。 この展示(てんじ)(かい)は12(にち)まで続き(つずき)ます。

Loading