うなぎ 今年(ことし)高い(たかい)値段(ねだん)続き(つずき)そう

27(にち)は「土用(どよう)のうしの()」です。日本(にっぽん)ではこの()にうなぎを食べる(たべる)習慣(しゅうかん)があります。日本(にっぽん)食べる(たべる)多く(おおく)のうなぎは、(うみ)から子ども(こども)取っ(とっ)育て(そだて)養殖(ようしょく)しています。 うなぎの子ども(こども)は、取れる(とれる)(りょう)少なく(すくなく)なっています。水産庁(すいさんちょう)によると、今年(ことし)4月までの6か月に日本(にっぽん)取れ(とれ)たうなぎの子ども(こども)は3.7tで、(いま)まででいちばん少なく(すくなく)なりました。輸入(ゆにゅう)したものを足し(たし)ても、養殖(ようしょく)するためのうなぎの子ども(こども)少なく(すくなく)なっています。 このため今年(ことし)も、うなぎは高い(たかい)値段(ねだん)続き(つずき)そうです。養殖(ようしょく)する会社(かいしゃ)売る(うる)ときの値段(ねだん)は、22(にち)に1kg5200(えん)でした。これは(いま)までで2番目(ばんめ)高い(たかい)値段(ねだん)です。 うなぎの子ども(こども)をたくさん取っ(とっ)ている中国(ちゅうごく)韓国(かんこく)台湾(たいわん)一緒(いっしょ)増やす(ふやす)方法(ほうほう)考える(かんがえる)ことができるかどうか問題(もんだい)になっています。

Loading