国際(こくさい)天文学(てんもんがく)連合(れんごう)(ほし)名前(なまえ)をみんなで考えよ(かんがえよ)う」

(ほし)研究(けんきゅう)している専門(せんもん)()などが集まる(あつまる)国際(こくさい)天文学(てんもんがく)連合(れんごう)ができてから、今年(ことし)で100(ねん)です。国際(こくさい)天文学(てんもんがく)連合(れんごう)は100(ねん)記念(きねん)に、まだ名前(なまえ)がない(ほし)名前(なまえ)を、みんなに考え(かんがえ)てもらうことにしました。 国際(こくさい)天文学(てんもんがく)連合(れんごう)は、70以上(いじょう)(くに)地域(ちいき)がどの(ほし)名前(なまえ)考える(かんがえる)決め(きめ)ています。日本(にっぽん)では、19(ねん)(まえ)日本人(にっぽんじん)見つけ(みつけ)恒星(こうせい)と、その周り(まわり)回っ(まわっ)ている(ほし)名前(なまえ)考える(かんがえる)ことになりました。この恒星(こうせい)地球(ちきゅう)から410光年(こうねん)(ところ)にあります。 日本(にっぽん)国立(こくりつ)天文台(てんもんだい)のウェブサイトに、(ほし)名前(なまえ)とその名前(なまえ)にした理由(りゆう)書い(かい)応募(おうぼ)します。名前(なまえ)は4()から16()までのローマ字です。9月4(にち)まで応募(おうぼ)できます。 ウェブサイトに集まっ(あつまっ)(なか)から日本(にっぽん)名前(なまえ)選ん(えらん)だあと、国際(こくさい)天文学(てんもんがく)連合(れんごう)がチェックをして、12月に名前(なまえ)発表(はっぴょう)します。

Loading