日本(にっぽん)のスーパーコンピューター 2つのランキングで1(ばん)

スーパーコンピューターの世界(せかい)ランキングは1(ねん)に2(かい)発表(はっぴょう)されています。新しい(あたらしい)ランキングが6月に発表(はっぴょう)されました。 日本(にっぽん)理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)の「菖蒲(しょうぶ)システムB」が、使う(つかう)エネルギーが少ない(すくない)コンピューターのランキングで、4(かい)続け(つずけ)て1(ばん)になりました。 ビッグデータを分析(ぶんせき)する能力(のうりょく)のランキングでも、理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)の「(きょう)」が9(かい)続け(つずけ)て1(ばん)になりました。 日本(にっぽん)のスーパーコンピューターは、実際(じっさい)会社(かいしゃ)などが使う(つかう)ときに役に立つ(やくにたつ)2つのランキングで1(ばん)になりました。 そのほか、計算(けいさん)(はや)さのランキングでは、アメリカの国立(こくりつ)研究所(けんきゅうじょ)の「Summit」が1(びょう)に14(きょう)8600(ちょう)(かい)計算(けいさん)して、1(ばん)になりました。1(きょう)は1(ちょう)の1(まん)(ばい)です。日本(にっぽん)産業(さんぎょう)技術(ぎじゅつ)総合(そうごう)研究所(けんきゅうじょ)の「ABCI」は8(ばん)でした。

Loading