年寄り(としより)(いえ)行く(いく)ヘルパーの50%がハラスメントをされた

三菱(みつびし)総合(そうごう)研究所(けんきゅうじょ)は2月に、お年寄り(としより)(いえ)行く(いく)ヘルパーなど介護(かいご)仕事(しごと)をしている1(まん)(にん)以上(いじょう)調査(ちょうさ)をしました。 調査(ちょうさ)によると、お年寄り(としより)(いえ)行く(いく)ヘルパーの50%がハラスメントをされたことがあると答え(こたえ)ました。ハラスメントは、相手(あいて)(いや)だと思う(おもう)ことをしたり言っ(いっ)たりすることです。 いちばん多かっ(おおかっ)たハラスメントは、ひどいことを言わ(いわ)れたりする「(こころ)への暴力(ぼうりょく)」で81%でした。(もの)投げ(なげ)られたりする「(からだ)への暴力(ぼうりょく)」は42%、(からだ)触ら(さわら)れたりする「セクハラ」は37%でした。 ハラスメントをされて仕事(しごと)をやめたいと思っ(おもっ)たことがある(ひと)は30%ぐらいいました。 調査(ちょうさ)のあと、介護(かいご)仕事(しごと)をする(ひと)たちがハラスメントをされないように、マニュアルを作り(つくり)ました。マニュアルには「2(にん)以上(いじょう)(いえ)行く(いく)」とか「(なに)がハラスメントになるのか初め(はじめ)伝え(つたえ)ておく」などと書い(かい)てあります。

Loading