山梨(やまなし)(けん) 富士山(ふじさん)噴火(ふんか)したときのために専門(せんもん)()職員(しょくいん)にする

山梨(やまなし)(けん)は、富士山(ふじさん)噴火(ふんか)したときのために、「火山(かざん)防災(ぼうさい)(しょく)」という仕事(しごと)をつくって、火山(かざん)専門(せんもん)()(にん)(けん)職員(しょくいん)にすることにしました。大学院(だいがくいん)火山(かざん)噴火(ふんか)について勉強(べんきょう)した(ひと)試験(しけん)受け(うけ)て、来年(らいねん)(はる)から職員(しょくいん)になります。 山梨(やまなし)(けん)(いま)まで、火山(かざん)研究(けんきゅう)している(ひと)教え(おしえ)てもらいながら、安全(あんぜん)のための仕事(しごと)をしていました。来年(らいねん)(はる)からは、火山(かざん)専門(せんもん)職員(しょくいん)が、噴火(ふんか)したときのための準備(じゅんび)被害(ひがい)少なく(すくなく)するための仕事(しごと)をします。 山梨(やまなし)(けん)は「大勢(たいせい)(ひと)安全(あんぜん)をしっかり守り(まもり)たいです」と話し(はなし)ています。 日本(にっぽん)では5(ねん)(まえ)長野(ながの)(けん)岐阜(ぎふ)(けん)()にある御嶽山(みたけさん)噴火(ふんか)して、大勢(たいせい)(ひと)亡くなり(なくなり)ました。この噴火(ふんか)のあと、都道府県(とどうふけん)には火山(かざん)専門(せんもん)職員(しょくいん)必要(ひつよう)だと言わ(いわ)れていました。

Loading