セブン&アイ「2030年までにプラスチックの袋をやめる」

セブン&アイ「2030(ねん)までにプラスチックの(ふくろ)をやめる」

「セブン&アイ・ホールディングス」は、コンビニのセブン-イレブンやスーパーのイトーヨーカドーなどの会社(かいしゃ)です。 会社(かいしゃ)は、プラスチックのごみを少なく(すくなく)するための計画(けいかく)発表(はっぴょう)しました。 2030(ねん)までに、買い物(かいもの)をした(きゃく)にレジで渡す(わたす)プラスチックの(ふくろ)をやめて、植物(しょくぶつ)からつくった(かみ)などの(ふくろ)にかえます。弁当(べんとう)などの入れ物(いれもの)には、(かみ)やリサイクルした材料(ざいりょう)使い(つかい)ます。そして、会社(かいしゃ)使う(つかう)プラスチックの(りょう)を2030(ねん)までに半分(はんぶん)以下(いか)、2050(ねん)までにゼロにします。 ほかのコンビニやスーパーの会社(かいしゃ)も、プラスチックのごみを少なく(すくなく)します。ローソンは今月(こんげつ)から、アイスコーヒーを入れる(いれる)コップを(かみ)のコップにかえます。ファミリーマートも弁当(べんとう)入れ物(いれもの)などに使う(つかう)プラスチックの(りょう)少なく(すくなく)すると決め(きめ)ました。

Loading