外国のパラリンピックの選手が東京に来て困ったこと

外国(がいこく)のパラリンピックの選手(せんしゅ)東京(とうきょう)()困っ(こまっ)たこと

来年(らいねん)8月25(にち)東京(とうきょう)でパラリンピックが始まり(はじまり)ます。(からだ)などに障害(しょうがい)がある選手(せんしゅ)がたくさん()ます。 東京(とうきょう)では今月(こんげつ)(からだ)などに障害(しょうがい)がある(ひと)たちの卓球(たっきゅう)世界(せかい)大会(たいかい)があって、180(にん)ぐらいの選手(せんしゅ)()ました。 ドイツの選手(せんしゅ)たちは1週間(しゅうかん)ぐらい東京(とうきょう)にいて、電車(でんしゃ)でいろいろな(ところ)行き(いき)ました。東京(とうきょう)のまちについて聞く(きく)と、パラリンピックに7(かい)()た54(さい)選手(せんしゅ)は「(えき)入り口(いりくち)に、エレベーターの場所(ばしょ)行き方(いきかた)書い(かい)看板(かんばん)必要(ひつよう)だと思い(おもい)ます。エレベーターの(かず)少ない(すくない)ので、車いす(くるまいす)使っ(つかっ)ている(ひと)がたくさん()たら大変(たいへん)だと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。 (べつ)選手(せんしゅ)は「英語(えいご)全然(ぜんぜん)わからない(ひと)がいて、(みち)聞い(きい)たとき大変(たいへん)でした」と話し(はなし)ていました。

Loading