JAXA 宇宙(うちゅう)(みず)をきれいにする機械(きかい)作る(つくる)

宇宙(うちゅう)では、(みず)がとても大切(たいせつ)です。国際(こくさい)宇宙(うちゅう)ステーションでは、NASAが作っ(つくっ)機械(きかい)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)()尿(にょう)などをきれいにした(みず)使っ(つかっ)ています。 JAXAは、汚れ(よごれ)(みず)入れる(いれる)と85%以上(いじょう)がきれいになって()てくる新しい(あたらしい)機械(きかい)作り(つくり)ました。この機械(きかい)(たて)が50cm、(よこ)が80cm、(はば)が70cmぐらいで、フィルターや電気(でんき)使っ(つかっ)(みず)をきれいにします。飲む(のむ)ことができる(みず)を1(にち)に800mLまでつくることができます。 JAXAはこの機械(きかい)国際(こくさい)宇宙(うちゅう)ステーションに打ち上げ(うちあげ)正しく(まさしく)動く(うごく)かどうかテストをします。そして、2025(ねん)ごろまでにもっと大きい(おおきい)機械(きかい)作っ(つくっ)て、新しく(あたらしく)作る(つくる)ことを考え(かんがえ)ている宇宙(うちゅう)ステーションなどで使っ(つかっ)てほしいと言っ(いっ)ています。 JAXAは「(ひと)(つき)火星(かせい)行く(いく)ためには(みず)をリサイクルする技術(ぎじゅつ)必要(ひつよう)なので、日本(にっぽん)役に立ち(やくにたち)たいです」と話し(はなし)ていました。

Loading