今年「はしか」になった人が去年1年の1.7倍になる

今年(ことし)「はしか」になった(ひと)去年(きょねん)(ねん)の1.7(ばい)になる

「はしか」は高い(たかい)(ねつ)やせきが()たり、(からだ)赤い(あかい)発疹(はっしん)()たりする病気(びょうき)です。ウイルスでうつりやすくて、とてもひどくなることがあります。妊娠(にんしん)している女性(じょせい)がはしかになると、おなかの(なか)赤ちゃん(あかちゃん)亡くなる(なくなる)こともあります。 国立(こくりつ)感染(かんせん)(しょう)研究所(けんきゅうじょ)によると、5月5(にち)までの1週間(しゅうかん)に、はしかになったことがわかった(ひと)は11(にん)いました。今年(ことし)、はしかになった(ひと)は467(にん)で、去年(きょねん)(ねん)の1.7(ばい)増え(ふえ)ています。大阪(おおさか)()では136(にん)がはしかになりました。東京(とうきょう)()三重(みえ)(けん)愛知(あいち)(けん)などでも多く(おおく)なっています。 厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は、4月の終わり(おわり)から5月の初め(はじめ)休み(やすみ)()に、はしかのウイルスがうつった(ひと)は、これから(ねつ)やせきが出る(でる)かもしれないと言っ(いっ)ています。そして、高い(たかい)(ねつ)などが()場合(ばあい)は、まず電話(でんわ)病院(びょういん)相談(そうだん)してほしいと言っ(いっ)ています。

Loading