広島県 雨で崩れた山にドローンを使って草の種をまく

広島(ひろしま)(けん) (あめ)崩れ(くずれ)(やま)にドローンを使っ(つかっ)(くさ)(たね)をまく

広島(ひろしま)(けん)では、去年(きょねん)7月にとてもたくさんの(あめ)降っ(ふっ)て、8500の場所(ばしょ)(やま)などが崩れ(くずれ)ました。(いま)崩れ(くずれ)たままの場所(ばしょ)がたくさんあります。 崩れ(くずれ)場所(ばしょ)(まえ)のように()(くさ)がある(みどり)(やま)にするため、14(にち)(くれ)()(やま)でドローンを使っ(つかっ)実験(じっけん)がありました。実験(じっけん)では、ドローンを飛ばし(とばし)て、(ひろ)さ100㎡ぐらいの()見え(みえ)ている場所(ばしょ)に、(そら)からよもぎなど3種類(しゅるい)(くさ)(たね)をまきました。 実験(じっけん)をした会社(かいしゃ)は、ドローンから(たね)をまいて(やま)(みどり)にしようとするのは珍しい(めずらしい)言っ(いっ)ています。会社(かいしゃ)は、これから(まい)月草(つきくさ)様子(ようす)をチェックして、大きく(おおきく)なっていることがわかったら、(たね)をまく場所(ばしょ)をもっと広く(ひろく)することにしています。

Loading