「在留資格の取り消し」になった外国人が去年は832人いた

在留(ざいりゅう)資格(しかく)取り消し(とりけし)」になった外国(がいこく)(じん)去年(きょねん)は832(にん)いた

外国(がいこく)(じん)がビザに書い(かい)てある目的(もくてき)などと違う(ちがう)生活(せいかつ)をしていると「在留(ざいりゅう)資格(しかく)取り消し(とりけし)」になって、日本(にっぽん)にいることができなくなります。 出入国(しゅつにゅうこく)在留(ざいりゅう)管理庁(かんりちょう)によると、去年(きょねん)在留(ざいりゅう)資格(しかく)取り消し(とりけし)」になった(ひと)は832(にん)でした。(まえ)(とし)の2(ばい)以上(いじょう)で、調べ(しらべ)始め(はじめ)てから(いま)まででいちばん多く(おおく)なりました。ベトナム(じん)がいちばん多く(おおく)て416(にん)(つぎ)中国人(ちゅうごくじん)で152(にん)でした。 「在留(ざいりゅう)資格(しかく)取り消し(とりけし)」になった(ひと)半分(はんぶん)ぐらいが「留学(りゅうがく)」のビザで()(ひと)でした。出入国(しゅつにゅうこく)在留(ざいりゅう)管理庁(かんりちょう)は「勉強(べんきょう)するために日本(にっぽん)()たのに、日本語(にほんご)学校(がっこう)大学(だいがく)をやめたあとも、働き(はたらき)ながら日本(にっぽん)残っ(のこっ)ている外国(がいこく)(じん)がいます。大学(だいがく)から留学生(りゅうがくせい)行方(ゆくえ)不明(ふめい)になる問題(もんだい)もあったので、これからも厳しく(きびしく)調べ(しらべ)ます」と言っ(いっ)ています。

Loading