「1人で悩まないで」子ども食堂で相談の電話番号を知らせる

「1(にん)悩ま(なやま)ないで」子ども(こども)食堂(しょくどう)相談(そうだん)電話(でんわ)番号(ばんごう)知らせる(しらせる)

NPOの「チャイルドライン支援(しえん)センター」は、子ども(こども)電話(でんわ)やインターネットで悩み(なやみ)相談(そうだん)できる(ところ)です。 毎年(まいとし)夏休み(なつやすみ)終わる(おわる)ころは子ども(こども)自殺(じさつ)増える(ふえる)言わ(いわ)れています。センターは、悩み(なやみ)相談(そうだん)できる(ところ)があることを子ども(こども)たちに知らせ(しらせ)たいと考え(かんがえ)ました。そして、センターの電話(でんわ)番号(ばんごう)などを書い(かい)たカードを初めて(はじめて)子ども(こども)食堂(しょくどう)」に送る(おくる)ことにしました。 「子ども(こども)食堂(しょくどう)」は、生活(せいかつ)のお金が足り(たり)ない家庭(かてい)子ども(こども)や、(おや)働い(はたらい)ていて1(にん)食事(しょくじ)をしなければならない子ども(こども)が、無料(むりょう)安い(やすい)お金で食事(しょくじ)ができる(ところ)です。 センターは70ぐらいの「子ども(こども)食堂(しょくどう)」にカードを5(まん)(まい)ぐらい送っ(おくっ)て、子ども(こども)たちに渡し(わたし)てもらいます。センターの(ひと)は「心配(しんぱい)なことがあるときや苦しい(くるしい)ときは、1(にん)悩ま(なやま)ないでください。(だれ)かに話す(はなす)ことが大切(たいせつ)です」と言っ(いっ)ています。

Loading