「AIで新しい星を見つける」今月から夜の空を調べ始める

「AIで新しい(あたらしい)(ほし)見つける(みつける)今月(こんげつ)から(よる)(そら)調べ(しらべ)始める(はじめる)

東京大学(とうきょうだいがく)などの研究(けんきゅう)チームは、特別(とくべつ)望遠鏡(ぼうえんきょう)とAIを使っ(つかっ)て、新しい(あたらしい)(ほし)などを見つける(みつける)ためのシステムを作り(つくり)ました。長野(ながの)(けん)木曽(きそ)(まち)にある天文台(てんもんだい)今月(こんげつ)から(よる)(そら)調べ(しらべ)始め(はじめ)ます。 望遠鏡(ぼうえんきょう)にはたくさんのセンサーが付い(つい)ていて、(よる)(そら)全体(ぜんたい)を2時間(じかん)撮り(とり)ます。そして、撮っ(とっ)映像(えいぞう)をAIで調べ(しらべ)て、明る(あかる)さや場所(ばしょ)(まえ)違っ(ちがっ)ている(ほし)などを見つけ(みつけ)ます。(いち)(ばん)撮る(とる)映像(えいぞう)のデータは1(まん)(ほん)映画(えいが)同じ(おなじ)ぐらい多い(おおい)ため、AIを使う(つかう)ことで初めて(はじめて)調べる(しらべる)ことができるようになりました。 研究(けんきゅう)チームは、(きゅう)明るく(あかるく)光る(ひかる)超新星(ちょうしんせい)」を1(ねん)に1000()ぐらい、ほかの(ほし)周り(まわり)回る(まわる)惑星(わくせい)」を1(ねん)に100()ぐらい見つけ(みつけ)たいと言っ(いっ)ています。

Loading