外国人が日本で働くための新しい資格 6か月で300人だけ

外国(がいこく)(じん)日本(にっぽん)働く(はたらく)ための新しい(あたらしい)資格(しかく) 6か月で300(にん)だけ

今年(ことし)4月、日本(にっぽん)働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)増やす(ふやす)ために「特定(とくてい)技能(ぎのう)」という新しい(あたらしい)資格(しかく)ができました。この(なか)の「特定(とくてい)技能(ぎのう)(ごう)」という資格(しかく)取っ(とっ)外国(がいこく)(じん)は、ビルなどを建てる(たてる)仕事(しごと)やお年寄り(としより)介護(かいご)仕事(しごと)などをすることができます。 日本(にっぽん)政府(せいふ)は、この資格(しかく)来年(らいねん)3月までの1(ねん)に4(まん)7000(にん)ぐらいに()そうと考え(かんがえ)ています。しかし、今年(ことし)9月までに申し込ん(もうしこん)(ひと)は2062(にん)で、資格(しかく)取っ(とっ)(ひと)は300(にん)だけでした。 政府(せいふ)は、この資格(しかく)取る(とる)(ひと)増える(ふえる)ように、申し込ん(もうしこん)だあと早く(はやく)資格(しかく)取る(とる)ことができるようにしようと考え(かんがえ)ています。この資格(しかく)でできる仕事(しごと)種類(しゅるい)多く(おおく)することも考え(かんがえ)ています。 法務省(ほうむしょう)河井(かわい)大臣(だいじん)は「外国(がいこく)(じん)日本(にっぽん)社会(しゃかい)必要(ひつよう)(ひと)たちだと考える(かんがえる)ことが大切(たいせつ)です。外国(がいこく)(じん)働い(はたらい)たり生活(せいかつ)したりしやすい(くに)にしたいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading