衝撃(しょうげき)】うつ病で(なん)(じゅう)kgも太り(ふとり)ました。/『マンガでわかるうつ病のリアル④』

重度(じゅうど)のうつ病に5(ねん)以上(いじょう)苦しむ(くるしむ)も「メンヘラマッスル作家(さっか)」として奇跡(きせき)復活(ふっかつ)遂げ(とげ)錦山(にしきやま)まるが、あなたの知ら(しら)ないうつ病のリアルを教え(おしえ)ます!

知ら(しら)れざる事実(じじつ)。うつ病治療(ちりょう)(やく)副作用(ふくさよう)肥満(ひまん)原因(げんいん)になりうる。

無断(むだん)転載(てんさい)禁止(きんし)

(やく)原因(げんいん)で、ムキムキ筋肉質(きんにくしつ)ボディがぷよぷよに。

 うつ病の(くすり)副作用(ふくさよう)太る(ふとる)ことがあります。それも(すう)(じゅう)kgというレベルで。

 筆者(ひっしゃ)(くすり)副作用(ふくさよう)でわずか2ヶ月ほどで20kg以上(いじょう)太り(ふとり)、いわゆるシックスパックの状態(じょうたい)からウエスト90cmになりました。(むかし)から運動(うんどう)好き(すき)でしたし当時(とうじ)主治医(しゅじい)薦め(すすめ)もあったので、(くすり)飲ん(のん)でいた時期(じき)(しゅう)2~3(かい)ジョギングやキックボクシングをしていたのですが、それでもあっという間に体重(たいじゅう)急増(きゅうぞう)しました。

知識(ちしき)のない(ひと)は「食べ(たべ)過ぎ(すぎ)」「運動(うんどう)不足(ふそく)」と決めつける(きめつける)

 うつ病の(くすり)副作用(ふくさよう)(すう)(じゅう)kgも太る(ふとる)ことがあるという事実(じじつ)を、うつ病になった経験(けいけん)のない周り(まわり)(ひと)知っ(しっ)ているはずもなく、当時(とうじ)は「食べ(たべ)過ぎ(すぎ)では?」「運動(うんどう)習慣(しゅうかん)つけたら?」「(そと)()ないからだよ」などと言わ(いわ)れました。(なか)には(くすり)副作用(ふくさよう)太っ(ふとっ)たこと、それが検査(けんさ)明らか(あきらか)になっていることを伝え(つたえ)ても、「そんなこと、ありえない」「それならもっと運動(うんどう)(りょう)増やせ(ふやせ)ばいい」と決めつけ(きめつけ)られる(とき)さえありました。

だらしないから太る(ふとる)、ではない。医学(いがく)解決(かいけつ)すべき問題(もんだい)だ!

 恥ずかしながら(はずかしながら)筆者(ひっしゃ)自分(じぶん)副作用(ふくさよう)太る(ふとる)までは『太る(ふとる)=だらしない』と決めつけ(きめつけ)ていたので、太っ(ふとっ)たなら食事(しょくじ)減らし(へらし)運動(うんどう)(りょう)増やせ(ふやせ)ばいいと思っ(おもっ)ていました。ですが、そんな単純(たんじゅん)(はなし)ばかりのはずがありません。まして(くすり)副作用(ふくさよう)原因(げんいん)ともなれば、それはもう医学(いがく)領域(りょういき)(はなし)です。素人(しろうと)対処(たいしょ)出来る(できる)ものでも、するべきものでもありません。

うつ病を治し(なおし)たいから、太る(ふとる)ことを選ぶ(えらぶ)(ひと)もいるんだ。

 うつ病の回復(かいふく)優先(ゆうせん)するため、太っ(ふとっ)てしまうつらさに耐え(たえ)泣く泣く(なくなく)その(くすり)飲み(のみ)続け(つずけ)なければならない(ひと)がいます。なのに、そんないっぱいいっぱいの(とき)に「だらしない。痩せろ(やせろ)。」という(こころ)ない言葉(ことば)でさらに追い詰め(おいつめ)られたら…?

 どうにもならない理由(りゆう)太っ(ふとっ)てしまう(ひと)もいる、ということを知っ(しっ)ていただけたらなと思い(おもい)ます。

(だい)1(かい)から読む(よむ):【連載(れんさい)】マンガでわかるうつ病のリアル

Loading