『ジョーカー』(きょう)(おさむ)予想(よそう)(はつ)週末(しゅうまつ)『アクアマン』『シャザム!』超える(こえる)見込み(みこみ)

早く(はやく)も「アカデミー(しょう)有力(ゆうりょく)候補(こうほ)」との呼び声(よびごえ)高い(たかい)映画(えいが)『ジョーカー』興行(こうぎょう)収入(しゅうにゅう)予想(よそう)到着(とうちゃく)だ。

(まい)Box Office Pro分析(ぶんせき)によれば、2019(ねん)10(つき)4(にち)(にち)(べい)同時(どうじ)公開(こうかい)となる『ジョーカー』は、公開(こうかい)(はつ)週末(しゅうまつ)で6,000〜9,000(まん)ドルの米国(べいこく)興行(こうぎょう)収入(しゅうにゅう)立てる(たてる)との予想(よそう)。『アクアマン』の(どう)記録(きろく)6,787(まん)ドル、『シャザム!』の5,350(まん)ドルを上回っ(うわまわっ)てくる見込み(みこみ)ということだ。

最終(さいしゅう)(てき)国内(こくない)(きょう)(おさむ)は1(おく)7,500(まん)ドルの見込み(みこみ)『シャザム!』1(おく)4,037(まん)ドルは超える(こえる)が、『アクアマン』3(おく)3,506(まん)ドルには及ば(およば)ない数値(すうち)となっている。なお、『ジョーカー』はわずか5,500(まん)ドルと、近年(きんねん)のアメコミ原作(げんさく)作品(さくひん)としては異例(いれい)(てい)予算(よさん)。ちなみに『シャザム!』製作(せいさく)()は1(おく)ドルだったが、これでも「(てい)予算(よさん)」の部類(ぶるい)である。

過去(かこ)のジョーカー作品(さくひん)比較(ひかく)してみよう。製作(せいさく)()1(おく)7,500(まん)ドルの『スーサイド・スクワッド』(2016)の(はつ)週末(しゅうまつ)国内(こくない)成績(せいせき)は1(おく)3,368(まん)ドル、最終(さいしゅう)国内(こくない)成績(せいせき)は3(おく)2,510(まん)ドルだった。ヒース・レジャー(ばん)伝説(でんせつ)となっている『ダークナイト』(2008)の(はつ)週末(しゅうまつ)は1(おく)5,841(まん)ドルで、最終(さいしゅう)は5(おく)3,334(まん)ドル。Box Office Proは『スーサイド・スクワッド』の(はつ)週末(しゅうまつ)成績(せいせき)について、「ジャレッド・レトの(やく)登場(とうじょう)ははわずかなものだった」としながら、「オスカー受賞(じゅしょう)の『ダークナイト』で愛さ(あいさ)れたヒース・レジャー(ばん)から、(べつ)役者(やくしゃ)演じ(えんじ)られるほどの時間(じかん)経っ(たっ)たことの現れ(あらわれ)だった」と分析(ぶんせき)新た(あらた)な『ジョーカー』については、「ジョーカーのキャラクター自体(じたい)に、どれだけの魅力(みりょく)があるのかは分から(わから)ない。オリジン・ストーリーであれば、尚更(なおさら)だ」とやや懐疑(かいぎ)(てき)態度(たいど)示し(しめし)た。

最も(もっとも)、『ジョーカー』は現在(げんざい)世界中(せかいじゅう)映画(えいが)関係(かんけい)(しゃ)(だい)絶賛(ぜっさん)(こえ)寄せ(よせ)ている。例えば(たとえば)、「今年(ことし)もっとも驚く(おどろく)べき映画(えいが)。アカデミー(しょう)まっしぐら」(ヴェネツィア国際(こくさい)映画(えいが)(さい):アルバート・バルベーラ)、「ホアキン・フェニックスによるキャリア史上(しじょう)最高(さいこう)演技(えんぎ)世界(せかい)映画(えいが)(しょう)注目(ちゅうもく)する」(トロント国際(こくさい)映画(えいが)(さい):キャメロン・ベイリー)といった具合(ぐあい)だ。今後(こんご)(しょう)評論(ひょうろん)()による(はく)付け(つけ)ば、興行(こうぎょう)収入(しゅうにゅう)にも好影響(こうえいきょう)及ぼす(およぼす)違い(ちがい)ない。果たして(はたして)映画(えいが)『ジョーカー』の成績(せいせき)は「喜劇(きげき)」となるか。

映画(えいが)『ジョーカー』は2019(ねん)10(つき)4(にち)(きん)(にち)(べい)同日(どうじつ)全国(ぜんこく)ロードショー

Source:Box Office Pro

Loading