斎藤(さいとう)(こう)は「振り付け(ふりつけ)られれば踊る(おどる)(おとこ)」 NHK大河ドラマ(たいがどらま)見せ(みせ)自信(じしん)とは?

振り付け(ふりつけ)られれば踊る(おどる)(おとこ)斎藤(さいとう)(たくみ)さん (c)朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ)

 草刈(くさかり)民代(たみよ)さんを見る(みる)たびに思い出す(おもいだす)言葉(ことば)がある。それは映画(えいが)「Shall we ダンス?」の撮影(さつえい)(まえ)彼女(かのじょ)語っ(かたっ)たという言葉(ことば)

社交(しゃこう)ダンスは踊っ(おどっ)たことはありませんが、振り付け(ふりつけ)ていただければ踊れ(おどれ)ます」

 草刈(くさかり)さんはバレリーナで、映画(えいが)(はつ)出演(しゅつえん)公開(こうかい)直後(ちょくご)監督(かんとく)周防(すおう)正行(まさゆき)さんと結婚(けっこん)した。週刊(しゅうかん)()記者(きしゃ)として2(にん)のエピソードをあれこれ取材(しゅざい)し、入手(にゅうしゅ)した一つ(ひとつ)がその言葉(ことば)だった。

 バレリーナとしての誇り(ほこり)と、自分(じぶん)技術(ぎじゅつ)への圧倒的(あっとうてき)自信(じしん)。それがよく表れ(あらわれ)ていて「草刈(くさかり)民代(たみよ)、やるなー」と思い(おもい)以来(いらい)彼女(かのじょ)活躍(かつやく)見る(みる)につけ、思い出す(おもいだす)

 ここから斎藤(さいとう)(たくみ)さんの(はなし)をする。(かれ)は「振り付け(ふりつけ)ていただければ、踊れ(おどれ)ます」の(ひと)だと思う(おもう)主役(しゅやく)でなくても、カッコイイ(やく)でなくても、踊れる(おどれる)から踊る(おどる)。そういう(ひと)だと思う(おもう)
思っ(おもっ)たきっかけは、8(つき)4(にち)放送(ほうそう)された「いだてん~東京(とうきょう)オリムピック(はなし)~」29(かい)と、その(かい)斎藤(さいとう)さんについて熱く(あつく)語る(かたる)宮藤(くどう)(かん)九郎(くろう)さんだった。

 斎藤(さいとう)さん演じる(えんじる)高石(たかいし)勝男(かつお)は、2()五輪(ごりん)出場(しゅつじょう)銅メダル(どうめだる)取っ(とっ)実在(じつざい)水泳(すいえい)選手(せんしゅ)。ピークを過ぎ(すぎ)たロサンゼルス五輪(ごりん)では、「ノンプレイングキャプテン」という立場(たちば)与え(あたえ)られる。選手(せんしゅ)になることを諦め(あきらめ)ていない高石(たかいし)は、選手(せんしゅ)(むら)でも門限(もんげん)過ぎ(すぎ)てからこっそり練習(れんしゅう)する。だが記録(きろく)伸び(のび)ず、苛立ち(いらだち)、「ノンプレイングキャプテンなんて、補欠(ほけつ)大将(たいしょう)やんけ」と叫ぶ(さけぶ)。そして最終(さいしゅう)選考(せんこう)(かい)結果(けっか)最下位(さいかい)

 その放送(ほうそう)翌日(よくじつ)宮藤(くどう)さんはパーソナリティーをつとめるラジオ「ACTION」で斎藤(さいとう)さんについて喋り(しゃべり)まくっていた。「(いま)(おれ)(だれ)抱か(いだか)れたいかっていったら、斎藤(さいとう)(たくみ)さんだと思い(おもい)ました」と言い(いい)、「今日(きょう)明日(あした)抱い(だい)てくれないかなー」と重ね(かさね)ていた。

 宮藤(くどう)さんはそもそも「高石(たかいし)斎藤(さいとう)(こう)」というキャスティングを聞い(きい)(とき)、「()てくれんのかなー」と思っ(おもっ)たそうだ。まだ執筆(しっぴつ)(ちゅう)だったから、泳い(およい)だり試合(しあい)()たりというカッコいい場面(ばめん)がないかもしれない、それでも引き受け(ひきうけ)てくれるかなーと。

 ところが、斎藤(さいとう)さんからオーケーが()た。それでもあまり()落ち(おち)ていなかったことを、宮藤(くどう)さんはこんなふうに語っ(かたっ)ていた。

斎藤(さいとう)さんはいい役者(やくしゃ)面白い(おもしろい)役者(やくしゃ)思う(おもう)けど、女子(じょし)がみんなエロいエロいと言う(いう)。そういう役者(やくしゃ)と、(オリンピックに)連れ(つれ)てってもらうけど結局(けっきょく)()られないという(やく)が、自分(じぶん)(なか)繋がら(つながら)なかった」

 だけど実際(じっさい)放送(ほうそう)()ての(はなし)になり、トークが加速(かそく)した。最終(さいしゅう)選考(せんこう)(かい)高石(たかいし)飛び込む(とびこむ)直前(ちょくぜん)(となり)のコースの後輩(こうはい)に「高石(たかいし)さん、よろしくお願いします」と言わ(いわ)れ、チラッと(よこ)()た。その斎藤(さいとう)さんがあまりにセクシーで、みんなが「セクシー」という気持ち(きもち)がわかった。飛び込ん(とびこん)泳ぎ(およぎ)だし、息継ぎ(いきつぎ)をするたびにカッコいいなーと、かわいそうだなーと、ガンバレーとがこみ上げてきた。だから、抱か(いだか)れたい。そう力説(りきせつ)していた。

 (わたし)がその(かい)()たのは、宮藤(くどう)さんのトークを聞い(きい)(のち)だった。そんなにセクシーだったのか、エロい息継ぎ(いきつぎ)ってどんなんだろうと、ワクワクしながら録画(ろくが)再生(さいせい)した。

 結論(けつろん)から言う(いう)なら、セクシーさはそれほどでもなかった。チラッと()たところは一瞬(いっしゅん)過ぎ(すぎ)たし、泳ぎ(およぎ)出し(だし)てからもセクシーとは感じ(かんじ)なかった。そもそもファンじゃないし。

 ところがターンしたあたりから、なぜか(なみだ)()てきた、突然(とつぜん)日本(にっぽん)選手(せんしゅ)(だん)のメンバーの応援(おうえん)する(かお)がアップになり、夜中(やちゅう)密か(ひそか)泳い(およい)でいたプールの守衛(しゅえい)黒人(こくじん)だ)が「Go on!」と叫ん(さけん)でいた。それらの映像(えいぞう)交互(こうご)に、斎藤(さいとう)さんが映っ(うつっ)た。ひたすら泳い(およい)でいた。それだけなのに、(なみだ)がこぼれた。

 ああ、斎藤(さいとう)さんは自信(じしん)があるんだな。そう思っ(おもっ)た。「泳い(およい)だことはありませんが、振り付け(ふりつけ)ていただければ泳げ(およげ)ます」なんだな、と。

 泳ぐ(およぐ)とは、完璧(かんぺき)な、本物(ほんもの)選手(せんしゅ)のように泳ぐ(およぐ)ことではない。宮藤(くどう)さんの言葉(ことば)借りる(かりる)なら、()ている(ひと)に「カッコいいなーと、かわいそうだなーと、ガンバレーと」を感じ(かんじ)させることなのだ。(かれ)には演技(えんぎ)への自信(じしん)があり、そこにまんまと乗せ(のせ)られた(わたし)(なみだ)流し(ながし)宮藤(くどう)さんは「抱か(いだか)れたい」を連発(れんぱつ)した。たぶん、そういうことだと思う(おもう)

 だから主役(しゅやく)でなくてもさほどカッコいい(やく)でなくても、斎藤(さいとう)さんは引き受ける(ひきうける)んだなあ。そうも思っ(おもっ)た。ずっと朝ドラ(あさどら)半分(はんぶん)青い(あおい)。」(2018(ねん)上期(かみき))が引っかかっ(ひっかかっ)ていた。(もと)住吉(すみよし)祥平(しょうへい)という役だっ(やくだっ)たのだが、実に(じつに)不思議(ふしぎ)(やく)だった。

 朝ドラ(あさどら)好き(すき)として申し上げる(もうしあげる)なら、主役(しゅやく)(きゅう)役者(やくしゃ)朝ドラ(あさどら)にゲスト出演(しゅつえん)することは多々(たた)ある。だがそれは「2週間(しゅうかん)問題(もんだい)解決(かいけつ)する正義(せいぎ)味方(みかた)」とか、「2(にち)しか()ないけどヒロインの将来(しょうらい)決める(きめる)人物(じんぶつ)」とか、そういう「意味(いみ)ある」役どころ(やくどとろ)なのが普通(ふつう)だ。

 ところが(もと)住吉(すみよし)祥平(しょうへい)は、そうではなかった。ヒロインの(おっと)()仰ぐ(あおぐ)映画(えいが)監督(かんとく)で、代表(だいひょう)(さく)追憶(ついおく)のかたつむり」は海外(かいがい)映画(えいが)(さい)(しょう)取っ(とっ)たという設定(せってい)だった。かたつむりが動く(うごく)映画(えいが)のワンシーンも作ら(つくら)れて、(よう)所要(しょよう)(しょ)映さ(うつさ)れた。だがそれが(なぞ)芸術(げいじゅつ)風味(ふうみ)映像(えいぞう)で、真剣(しんけん)向き合え(むきあえ)ばいいのか笑っ(わらっ)(ほう)がいいのかよくわからない、そんな感じ(かんじ)のものだった。そもそも(もと)住吉(すみよし)という珍しい(めずらしい)名字(みョうじ)東横線(とうよこせん)駅名(えきめい)由来(ゆらい)想像(そうぞう)できるが、急行(きゅうこう)止まら(とまら)ないしなー。そんな(やく)なのだ。

 (かれ)屈折(くっせつ)した思い(おもい)ゆえのずるい行動(こうどう)なども描か(えがか)れ、そこからの葛藤(かっとう)屈折(くっせつ)斎藤(さいとう)さんが熱演(ねつえん)した記憶(きおく)もある。だけどそれも含め(ふくめ)て、結局(けっきょく)わけがわからず、いつの間にか(もと)住吉(すみよし)監督(かんとく)もフェイドアウトしていた。

 なんのためにこの(やく)斎藤(さいとう)さん、引き受け(ひきうけ)たかなあ。

 当時(とうじ)感じ(かんじ)不思議(ふしぎ)さも、このたび氷解(ひょうかい)した。「わからない(やく)ですが、振り付け(ふりつけ)ていただければやります」。それだったと思う(おもう)

 斎藤(さいとう)さんが「覆面(ふくめん)お笑い芸人(げいにん)」として「R―1ぐらんぷり」予選(よせん)出場(しゅつじょう)し1回戦(かいせん)敗退(はいたい)最終(さいしゅう)(てき)には(かお)出し(だし)てコントを演じる(えんじる)という(なぞ)深夜(しんや)番組(ばんぐみ)「MASKMEN」(テレビ東京(けい))もあった。あまり笑え(わらえ)ないのはドキュメントだからしょうがないのかな、でも「ドラマ25」と打ち出し(うちだし)ていて、ドラマなのだとしたらもっと面白く(おもしろく)してほしいな。というような番組(ばんぐみ)で、主演(しゅえん)斎藤(さいとう)さんの真意(しんい)やいかに、とも思っ(おもっ)ていた。

 が、この(なぞ)解け(とけ)た。振り(ふり)付け(つけ)てもらえばやるのだ、斎藤(さいとう)さんは。ドキュメントだろうが、ドラマだろうが、あまり笑え(わらえ)ないお笑いだろうが。そういう(ひと)なのだ。

 8(つき)1(にち)映画(えいが)「シン・ウルトラマン」の制作(せいさく)発表(はっぴょう)された。主演(しゅえん)斎藤(さいとう)さんで、ウルトラマンになる(おとこ)演じる(えんじる)企画(きかく)脚本(きゃくほん)(あん)()秀明(ひであき)さんで、監督(かんとく)樋口(ひぐち)(しん)嗣さん。「シン・ゴジラ」を(だい)ヒットさせた2(にん)は、斎藤(さいとう)さんにどんな振り付け(ふりつけ)をするのだろうか。(矢部(やべ)万紀子(まきこ)

Loading