渋野(しぶの)健闘(けんとう)13() 極限(きょくげん)状態(じょうたい)見せ場(みせば)つくり常に(つねに)スマイル

1(ばん)、ティーショットを放ち(はなち)笑顔(えがお)渋野(しぶの)撮影(さつえい)黒川(くろかわ)智章(ともあき)

女子(じょし)ゴルフ:北海道(ほっかいどう)meijiカップ>◇最終(さいしゅう)()◇11(にち)札幌(さっぽろ)国際(こくさい)CC島松(しままつ)C(6531ヤード、パー72)

(ぜん)(えい)女子(じょし)オープンで日本(にっぽん)(ぜい)42(ねん)ぶりのメジャー優勝(ゆうしょう)した渋野(しぶの)日向子(ひなこ)(20=RSK山陽放送(さんようほうそう))が、国内(こくない)凱旋(がいせん)(がいせん)試合(しあい)笑顔(えがお)終え(おえ)た。9()から()て5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72で通算(つうさん)4アンダーの13()。87(ねん)岡本(おかもと)綾子(あやこ)以来(いらい)日本(にっぽん)女子(じょし)2(にん)()(にち)(べい)2(しゅう)連続(れんぞく)優勝(ゆうしょう)逃し(のがし)たが、最終(さいしゅう)18(ばん)を2連続(れんぞく)バーディーで締めくくり(しめくくり)大会(たいかい)最多(さいた)動員(どういん)記録(きろく)となった観衆(かんしゅう)沸か(わか)せた。ペ・ソンウ(25=韓国(かんこく))が、プレーオフ(PO)を制し(せいし)ツアー(はつ)優勝(ゆうしょう)した。

やっと笑顔(えがお)戻っ(もどっ)た。最終(さいしゅう)18(ばん)パー5。ちょうど1週間(しゅうかん)(まえ)(ぜん)(えい)制し(せいし)(とき)同じ(おなじ)ような光景(こうけい)広がっ(ひろがっ)た。優勝(ゆうしょう)争い(あらそい)をしているかのように(だい)観衆(かんしゅう)待っ(まっ)ていた。渋野(しぶの)残り(のこり)72ヤードの(だい)3()をピンそば3メートルにつける。これを沈め(しずめ)瞬間(しゅんかん)(だい)歓声(かんせい)拍手(はくしゅ)(ゆび)(ふえ)響い(ひびい)た。逆転(ぎゃくてん)Vを狙い(ねらい)ながら4(ばん)パー4で(だい)2()(がけ)落とし(おとし)てダブルボギー、9(ばん)パー5でも(はやし)入れ(いれ)てボギー。苦しん(くるしん)最終(さいしゅう)()忘れる(わすれる)2連続(れんぞく)バーディー締め(しめ)だった。

「そこ(最後(さいご)の2ホール)で取れる(とれる)なら、最初(さいしょ)から取っ(とっ)ておけよ! って感じ(かんじ)ですよね。ダボもあったし、パー5でもったいないボギーもあった。イラッとしたけど17、18(ばん)のバーディーで吹っ切れ(ふっきれ)ました」

過密(かみつ)日程(にってい)との闘い(たたかい)だった。開幕(かいまく)前日(ぜんじつ)のプロアマ(せん)出場(しゅつじょう)した以外(いがい)練習(れんしゅう)時間(じかん)取れ(とれ)なかった。疲労(ひろう)はピークで(だい)1(にち)には38()超える(こえる)発熱(はつねつ)(ぜん)(えい)見せ(みせ)た「シンデレラスマイル」は消え(きえ)た。来季(らいき)国内(こくない)ツアーに(じく)(あし)置き(おき)ながら、海外(かいがい)メジャーは全て(すべて)出場(しゅつじょう)する。現在(げんざい)世界(せかい)ランクはオリンピック(五輪(ごりん)出場(しゅつじょう)圏内(けんない)日本人(にっぽんじん)2()となる14()今後(こんご)五輪(ごりん)会場(かいじょう)霞ケ関(かすみがせき)CCの視察(しさつ)など、五輪(ごりん)視野(しや)入れ(いれ)日程(にってい)予想(よそう)され、さらに忙しく(いそがしく)なる。

初日(しょにち)発熱(はつねつ)予想(よそう)(がい)(からだ)動か(うごか)ない(とき)にアンダーが()て、(からだ)動く(うごく)(とき)最終(さいしゅう)())はイーブン。これは(なに)なんだ? でも、今回(こんかい)これ(過密(かみつ)日程(にってい))を経験(けいけん)したことで選択肢(せんたくし)ができた。(メジャーの(のち)は)休む(やすむ)選択肢(せんたくし)翌週(よくしゅう)も3日間(にちかん)やる選択肢(せんたくし)(つぎ)からは考え(かんがえ)ながら出る(でる)決め(きめ)たい」

シーズン終盤(しゅうばん)見据え(みすえ)、2(しゅう)()のCATレディース(23(にち)開幕(かいまく)神奈川(かながわ))と、4(しゅう)()のゴルフ5レディース(9(つき)6(にち)開幕(かいまく)茨城(いばらき))は欠場(けつじょう)する可能(かのう)(せい)高い(たかい)賞金(しょうきん)ランクは(さる)ジエ(韓国(かんこく))に続く(つずく)2()(ぜん)(えい)優勝(ゆうしょう)一躍(いちやく)国民(こくみん)(てき)ヒロインになった20(さい)は、(はつ)賞金(しょうきん)女王(じょおう)、さらに五輪(ごりん)女王(じょおう)へと輝き(かがやき)増す(ます)。【益子(ましこ)浩一(こういち)

◆21ラウンド連続(れんぞく)オーバーパーなし 渋野(しぶの)が6(つき)のニチレイ・レディース(だい)1(にち)から続く(つずく)国内(こくない)ツアーでの連続(れんぞく)オーバーパーなし記録(きろく)を21ラウンド(R)まで伸ばし(のばし)た。13(ねん)アン・ソンジュ(韓国(かんこく))の国内(こくない)最長(さいちょう)28Rへ1()近づい(ちかずい)た。(ぜん)(えい)含める(ふくめる)と25R。一方(いっぽう)で16(ばん)にボギーを打っ(うっ)たことで、(ぜん)(えい)から続い(つずい)後半(こうはん)9ホールでの連続(れんぞく)ボギーなしは6Rでストップ。渋野(しぶの)は「出入り(でいり)激しかっ(はげしかっ)たですね。本当に(ほんとうに)もったいない」とつぶやいた。

Loading