普天間(ふてんま)閉鎖(へいさ)を」「15(ねん)たっても(なに)変わっ(かわっ)ていない」 (おき)国大(こくだい)ヘリ墜落(ついらく)事故(じこ)から15(ねん) 宜野湾(ぎのわん)市役所前(しやくしょまえ)抗議(こうぎ)集会(しゅうかい)

沖縄国際大学(おきなわこくさいだいがく)(べい)(ぐん)ヘリが墜落(ついらく)してから15(ねん)迎え(むかえ)普天間(ふてんま)飛行場(ひこうじょう)閉鎖(へいさ)などを求める(もとめる)抗議(こうぎ)集会(しゅうかい)参加(さんか)(しゃ)ら=11(にち)午後(ごご)5()ごろ、宜野湾(ぎのわん)市役所(しやくしょ)(まえ)

 【宜野湾(ぎのわん)沖縄国際大学(おきなわこくさいだいがく)(べい)(ぐん)ヘリが墜落(ついらく)した事故(じこ)から13(にち)で15(ねん)になるのを(まえ)に、(しま)ぐるみ会議(かいぎ)ぎのわんと普天間(ふてんま)爆音(ばくおん)訴訟(そしょう)(だん)は11(にち)宜野湾(ぎのわん)市役所前(しやくしょまえ)抗議(こうぎ)集会(しゅうかい)開い(ひらい)た。市内(しない)(がい)から(やく)150(にん)駆け付け(かけつけ)た。のぼりやプラカードを掲げ(かかげ)市民(しみん)らは、(べい)(ぐん)普天間(ふてんま)飛行場(ひこうじょう)早期(そうき)閉鎖(へいさ)求め(もとめ)た。



 事故(じこ)当時(とうじ)宜野湾(ぎのわん)市長(しちょう)だった伊波(いは)洋一(よういち)参院(さんいん)議員(ぎいん)は「オスプレイも配備(はいび)され、(いま)普天(ふてん)(かん)はあの(ころ)よりひどくなっている。普天間(ふてんま)返還(へんかん)させ、沖縄(おきなわ)発展(はってん)につなげていく」と訴え(うったえ)た。



 訴訟(そしょう)(だん)島田(しまだ)善次(よしつぐ)団長(だんちょう)は「15(ねん)たっても(なに)変わら(かわら)ない。(こえ)上げる(あげる)同時に(どうじに)行動(こうどう)しなければらない」と述べ(のべ)た。



 沖縄国際大学(おきなわこくさいだいがく)からは経済学部(けいざいがくぶ)(じゅん)教授(きょうじゅ)齋藤(さいとう)(ほし)(こう)さん(38)=宜野湾(ぎのわん)()=が参加(さんか)岐阜(ぎふ)(けん)出身(しゅっしん)齋藤(さいとう)(じゅん)教授(きょうじゅ)は「日本(にっぽん)政府(せいふ)態度(たいど)変わら(かわら)ないのは、本土(ほんど)出身(しゅっしん)(しゃ)として責任(せきにん)感じる(かんじる)」と話し(はなし)た。



Loading