「オールシーズンタイヤ」なぜ増え(ふえ)た? 国産(こくさん)タイヤメーカーが続々(ぞくぞく)日本(にっぽん)市場(しじょう)投入(とうにゅう)する理由(りゆう)

2019(ねん)8(つき)5(にち)住友(すみとも)ゴムから、オールシーズンタイヤ「ダンロップ オールシーズンMAXX(マックス)」が発表(はっぴょう)されました。2019−2020シーズンは日本(にっぽん)メーカーが続々(ぞくぞく)とオールシーズンタイヤのジャンルに参入(さんにゅう)してきています。オールシーズンタイヤとはどんなタイヤなのでしょうか。

履き(はき)換え(かえ)いらずで一年中(いちねんじゅう)装着(そうちゃく)できるのがオールシーズンタイヤ

 住友(すみとも)ゴムから、ダンロップブランドのオールシーズンタイヤ「オールシーズンMAXX(マックス) AS1」が登場(とうじょう)しました。

(はる)(なつ)(あき)晴れ(はれ)()(あめ)()だけでなく、(ふゆ)(ゆき)()にも走行(そうこう)できるのがオールシーズンタイヤの特徴(とくちょう)

 日本(にっぽん)(ふゆ)(よう)タイヤといえば「スタッドレスタイヤ」が有名(ゆうめい)ですが、(ふゆ)(よう)として存在(そんざい)するタイヤはほかにも「オールシーズンタイヤ」「ウインタータイヤ」などがあります。

 スタッドレスタイヤは、凍っ(こおっ)(みち)(ゆき)(どう)など、いわゆる(ふゆ)(みち)すべてに対応(たいおう)するタイヤです。スパイクタイヤに対し、「スタッド(スパイクピン)」が「レス(ない)」なので、スタッドレスと呼ば(よば)れています。

 スタッドレスタイヤのトレッド(めん)()てみると、細かい(こまかい)(みぞ)(サイプ)が刻ま(きざま)れています。このサイプのエッジ効果(こうか)(こおり)(ゆき)咬み(かみ)(ふゆ)(どう)でのグリップ(りょく)生ん(うん)でいます。また柔らか(やわらか)なトレッドゴムを用いる(もちいる)ことで路面(ろめん)密着(みっちゃく)させ、路面(ろめん)とタイヤとの()生じる(しょうじる)(みず)(まく)除去(じょきょ)、スリップを防ぎ(ふせぎ)ます。

 トレッドゴムが柔らかい(やわらかい)ため、以前(いぜん)高速(こうそく)走行(そうこう)(さい)にハンドル操作(そうさ)手応え(てごたえ)薄かっ(うすかっ)たり、ドライ路面(ろめん)走行(そうこう)(ちゅう)にタイヤから発生(はっせい)する騒音(そうおん)大きかっ(おおきかっ)たりと、ネガティブな要素(ようそ)もありましたが、最新(さいしん)のスタッドレスタイヤでは、ドライ路面(ろめん)での走行(そうこう)安定(あんてい)(せい)静粛(せいしゅく)(せい)、さらに耐摩耗(まもう)性能(せいのう)向上(こうじょう)など、(かく)タイヤメーカーの技術(ぎじゅつ)存分(ぞんぶん)注ぎ(そそぎ)、ドライ路面(ろめん)でもサマータイヤとの違い(ちがい)がわかりづらい商品(しょうひん)多く(おおく)存在(そんざい)します。

 ただし、季節(きせつ)変わり目(かわりめ)にはサマータイヤからスタッドレスタイヤ、そしてスタッドレスタイヤからサマータイヤへと、(とし)2(かい)交換(こうかん)することを前提(ぜんてい)とします。 

 対し(たいし)てオールシーズンタイヤは、その()のとおり「オールシーズン(全て(すべて)季節(きせつ))」で使用(しよう)できるタイヤ、ということになります。スタッドレスタイヤでは(はる)(あき)の2(かい)、タイヤ交換(こうかん)をしなければなりませんが、オールシーズンタイヤはその履き(はき)換え(かえ)必要(ひつよう)がありません。

 つまり、外し(はずし)たタイヤの保管(ほかん)場所(ばしょ)困ら(こまら)ないというメリットもあります。春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)(あめ)()晴れ(はれ)()(ゆき)()までカバーします。

 オールシーズンタイヤの歴史(れきし)意外(いがい)古く(ふるく)、1977(ねん)にグッドイヤーが世界(せかい)(はつ)となるオールシーズンラジアルタイヤ「Tiempo(ティエンポ)」を北米(ほくべい)発売(はつばい)しています。日本(にっぽん)では2008(ねん)からグッドイヤーが「ベクター フォーシーズンズ」を発売(はつばい)以来(いらい)年々(ねんねん)知名度(ちめいど)上がっ(あがっ)ています。

 (さく)シーズン(2018(ねん)−2019(ねん)シーズン)まで、日本(にっぽん)ではこの「ベクターフォーシーズンズ」、ミシュランの「クロスクライメート」、ファルケンの「ユーロウインターHS449」、そしてグッドイヤーのSUV(よう)「アシュアランス ウェザーレディ」と、3ブランドから4商品(しょうひん)のオールシーズンタイヤが発売(はつばい)されていましたが、(こん)シーズンはさらに、トーヨータイヤと住友(すみとも)ゴムから相次い(あいつい)市場(しじょう)導入(どうにゅう)されています。今後(こんご)もこの流れ(ながれ)続き(つずき)そうです。

国産(こくさん)タイヤメーカーが続々(ぞくぞく)とオールシーズンタイヤを日本(にっぽん)展開(てんかい)する理由(りゆう)とは?

 (こん)シーズン、まず登場(とうじょう)した国産(こくさん)メーカーのオールシーズンタイヤは、トーヨータイヤの「CELSIUS(セルシアス)」があります。これはSUV向け(むけ)全天候(ぜんてんこう)(がた)オールシーズンタイヤで、15インチから17インチまで、60から65シリーズまでの(ぜん)6サイズを用意(ようい)します。

 そして今回(こんかい)、ダンロップブランドで登場(とうじょう)したのが「オールシーズンMAXX(マックス)」です。13インチから18インチ、45シリーズから70シリーズまでの(ぜん)21サイズで、2019(ねん)10(つき)1(にち)より発売(はつばい)開始(かいし)されます。

2019(ねん)8(つき)5(にち)発表(はっぴょう)されたダンロップのオールシーズンタイヤ「オールシーズンMAXX AS1」

 なぜ、ここにきて国産(こくさん)タイヤメーカーがオールシーズンタイヤを国内(こくない)販売(はんばい)するようになったのでしょうか。

 ひとつには、都会(とかい)住む(すむ)ユーザーからの要望(ようぼう)があります。()降雪(こうせつ)地域(ちいき)のマンションに住む(すむ)ユーザーの場合(ばあい)履き(はき)かえたタイヤの置き場(おきば)困る(こまる)(ひと)多い(おおい)といいます。そうした利便(りべん)(せい)から、オールシーズンタイヤに対するニーズが年々(ねんねん)増え(ふえ)ています。

 さらに道路(どうろ)インフラが整っ(ととのっ)たこともあり、()降雪(こうせつ)地域(ちいき)高速(こうそく)道路(どうろ)真冬(まふゆ)でもドライ路面(ろめん)のことが多い(おおい)のも、ニーズに拍車(はくしゃ)をかけている理由(りゆう)です。

 オールシーズンタイヤは現在(げんざい)、ヨーロッパを中心(ちゅうしん)販売(はんばい)されていますが、欧州(おうしゅう)のリプレイスタイヤ(履き(はき)換え(かえ)(よう)タイヤ)市場(しじょう)では、すでに10%を超える(こえる)占有(せんゆう)(りつ)だといいます。また年々(ねんねん)、その販売(はんばい)本数(ほんすう)増え(ふえ)ているそうです。

 日本(にっぽん)国内(こくない)では、オールシーズンタイヤを販売(はんばい)していない日本(にっぽん)のタイヤメーカーも、ヨーロッパでは展開(てんかい)しています。ということは、日本(にっぽん)でオールシーズンタイヤを展開(てんかい)するにあたり、ゼロから企画(きかく)開発(かいはつ)をスタートする必要(ひつよう)はないわけです。

ただし、いくら流行(りゅうこう)兆し(きざし)があるとはいえ、日本(にっぽん)では(ふゆ)(よう)タイヤ市場(しじょう)圧倒的(あっとうてき)にスタッドレスタイヤが中心(ちゅうしん)で、オールシーズンタイヤはまだ認知(にんち)()低い(ひくい)です。

 まだ日本(にっぽん)展開(てんかい)していない国産(こくさん)メーカーのブリヂストンやヨコハマも、当然(とうぜん)欧州(おうしゅう)向け(むけ)のオールシーズンタイヤは持っ(もっ)ています。

「ブリザック」「アイスガード」という人気(にんき)のスタッドレスタイヤブランドを持つ(もつ)ブリヂストンとヨコハマが、あえてオールシーズンタイヤを日本(にっぽん)展開(てんかい)するという判断(はんだん)行う(おこなう)のかは微妙(びみョう)です。ただし、市場(しじょう)動向(どうこう)見据え(みすえ)「いける」と判断(はんだん)したら、それこそすぐに国内(こくない)展開(てんかい)行う(おこなう)可能(かのう)(せい)もあります。

※ ※ ※

 とくに(こおり)路面(ろめん)(アイスバーン)においては、オールシーズンタイヤよりもスタッドレスタイヤの(ほう)確実(かくじつ)短い(みじかい)距離(きょり)止まる(とまる)ことができます。ですので、交差点(こうさてん)がアイスバーンになっているような場所(ばしょ)住む(すむ)降雪(こうせつ)地域(ちいき)のユーザーにおすすめできる商品(しょうひん)ではありません。

 都会(とかい)でも、(ゆき)降っ(ふっ)場合(ばあい)(なん)(にち)除雪(じょせつ)されずにアイスバーンになっている(みち)各地(かくち)にあります。自分(じぶん)住む(すむ)近所(きんじょ)にそういう(みち)がある場合(ばあい)、とくに(さか)多い(おおい)地域(ちいき)住ん(すん)でいる場合(ばあい)は、オールシーズンタイヤを履く(はく)のか、それともスタッドレスタイヤにするのか、いま(いち)()考える(かんがえる)必要(ひつよう)があると考え(かんがえ)ます。

 スタッドレスタイヤもオールシーズンタイヤも、けっして万能(ばんのう)タイヤというわけではなく、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分(じぶん)のカーライフにあわせて選択(せんたく)することをおすすめします。

Loading