宇宙(うちゅう)行っ(いっ)たソ連の(いぬ)たち:その足跡(あしあと)をたどる写真(しゃしん)(しゅう)


Sputnik / Alamy Stock Photo

最初(さいしょ)記者(きしゃ)会見(かいけん)で、ベルカとストレルカを誇らしげ(ほこらしげ)掲げる(かかげる)(きゅう)ソ連の医学(いがく)生物(せいぶつ)(がく)研究所(けんきゅうじょ)のオレグ・ガゼンコ博士(はかせ)


アメリカが「人類(じんるい)にとって大きな(おおきな)飛躍(ひやく)」をするよりも(さき)に、宇宙(うちゅう)歴史(れきし)(てき)偉業(いぎょう)成し遂げ(なしとげ)人類(じんるい)宇宙(うちゅう)旅立つ(たびだつ)ための(みち)敷い(しい)たのは、ソビエト連邦(れんぽう)勇敢(ゆうかん)(いぬ)たちだった。

LKP

著名(ちょめい)写真(しゃしん)()のマーティン・パーと、ライターのリチャード・ホリンガムによる新著(しんちょ)Space Dogs: The Story of the Celebrated Canine Cosmonauts(スペースドッグ:誉れ(ほまれ)高き(たかき)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)(いぬ)たちの物語(ものがたり))』は、20世紀(せいき)半ば(なかば)有人(ゆうじん)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)先駆け(さきがけ)として宇宙(うちゅう)送ら(おくら)れたソ連の(いぬ)たちの知ら(しら)れざる物語(ものがたり)をたどる(ほん)だ。

1960(ねん)初めて(はじめて)地球(ちきゅう)軌道(きどう)周回(しゅうかい)して帰還(きかん)したベルカやストレルカのような(いぬ)たちは、()重力(じゅうりょく)環境(かんきょう)生物(せいぶつ)生き延びる(いきのびる)方法(ほうほう)をめぐる理解(りかい)深める(ふかめる)ために宇宙(うちゅう)送ら(おくら)れた。その小さな(ちいさな)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)()たちは、地球(ちきゅう)帰還(きかん)すると英雄(えいゆう)として称え(となえ)られた。同書(どうしょ)明かし(あかし)ているところによれば、その後(すう)(ねん)称賛(しょうさん)ぶりは、ビートルズの熱狂(ねっきょう)(てき)ファンたちに匹敵(ひってき)したという。

ホリンガムはBuzzFeed Newsに対し、かつてどんな(いぬ)行っ(おこなっ)たことのなかった場所(ばしょ)(たび)をした(もっと言え(いえ)ば、どんな人間(にんげん)行っ(おこなっ)たことのなかった場所(ばしょ)(たび)をした)(いぬ)たちをめぐる興味深い(きょうみぶかい)英雄(えいゆう)(たん)語っ(かたっ)てくれた。

初期(しょき)宇宙(うちゅう)旅行(りょこう)理想(りそう)(てき)候補(こうほ)とされたのは、どんな(いぬ)たちでしょうか?

リチャード・ホリンガム(以下(いか)RH):理解(りかい)しておかなければならないのは、宇宙(うちゅう)()重力(じゅうりょく)条件下(じょうけんか)人間(にんげん)生存(せいぞん)できるかどうかということが、当時(とうじ)(ひと)たちにはわかっていなかったことです。当時(とうじ)は、それが大きな(おおきな)問題(もんだい)(てん)だったのです。

無重力(むじゅうりょく)では、加速度(かそくど)によって心臓(しんぞう)破裂(はれつ)してしまうのではないか、呼吸(こきゅう)ができないのではないか、代謝(たいしゃ)全体(ぜんたい)停止(ていし)するのではないか、などと考え(かんがえ)られていました。人類(じんるい)は、地球(ちきゅう)完璧(かんぺき)な1Gの環境(かんきょう)生きる(いきる)生物(せいぶつ)として進化(しんか)してきたのだから、重力(じゅうりょく)がなければ人間(にんげん)身体(しんたい)機能(きのう)しないと信じる(しんじる)(ひと)たちもいました。

Keystone-france / Getty Images

1950年代(ねんだい)には、アメリカとソ連の宇宙(うちゅう)開発(かいはつ)競争(きょうそう)本格(ほんかく)()。どちらの(くに)にとっても宇宙(うちゅう)は、プライドとプロパガンダの(みなもと)になった。だが、人類(じんるい)果敢(かかん)宇宙(うちゅう)飛び立つ(とびたつ)よりも(さき)宇宙(うちゅう)探査(たんさ)(みち)切り(きり)拓い(ひらい)たのは、4(ほん)(あし)の「人類(じんるい)(とも)」たちだった。


(だい)()()世界(せかい)大戦(たいせん)のほぼ直後(ちょくご)から、アメリカ、イギリス、ソ連は、接収(せっしゅう)したドイツの「V-2」ロケットを使っ(つかっ)実験(じっけん)開始(かいし)し、自国(じこく)のロケット技術(ぎじゅつ)開発(かいはつ)進め(すすめ)ました。ほどなくして、東西(とうざい)どちらの陣営(じんえい)も、そうしたロケットに動物(どうぶつ)乗せる(のせる)ようになりました。どちらも相手(あいて)のしていることを把握(はあく)していたわけではなく、それぞれが別々(べつべつ)にしたことです。

最初(さいしょ)のうちは、昆虫(こんちゅう)宇宙(うちゅう)打ち上げ(うちあげ)られました。あるいは、アメリカがしたように、マウスが打ち上げ(うちあげ)られることもありました。そうした動物(どうぶつ)たちはいずれも無傷(むきず)帰還(きかん)しました。そこで(つぎ)のステップとなったのが、もう少し人間(にんげん)近い(ちかい)動物(どうぶつ)宇宙(うちゅう)及ぼす(およぼす)影響(えいきょう)理解(りかい)することでした。歴史(れきし)(てき)科学(かがく)実験(じっけん)(いぬ)使っ(つかっ)てきたソ連は、その(たね)研究(けんきゅう)をする手段(しゅだん)として(いぬ)たちに()向け(むけ)ました。

Sputnik / Alamy Stock Photo

ライカの宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)準備(じゅんび)をする生理学(せいりがく)(しゃ)のアドリア・コトフスカヤ。コトフスカヤは宇宙(うちゅう)(けん)研究(けんきゅう)()、20(にん)上る(のぼる)ソ連(じん)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)()健康(けんこう)状態(じょうたい)観察(かんさつ)担い(にない)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)()ユーリ・ガガーリンの専任(せんにん)医師(いし)になった。


最初(さいしょ)飛行(ひこう)は1940年代(ねんだい)後半(こうはん)、スターリン政権(せいけん)()のソ連でおこなわれました。その時期(じき)に、最初(さいしょ)のソ連(ばん)V-2ロケットが開発(かいはつ)されたのです。要するに(ようするに)、V-2ロケットを分解(ぶんかい)し、自分(じぶん)たちの持つ(もつ)ロケットに関する知見(ちけん)注入(ちゅうにゅう)して改良(かいりょう)したわけです。そうして、本来(ほんらい)なら爆弾(ばくだん)積ま(つま)れる(さい)上部(じょうぶ)区画(くかく)(いぬ)乗せ(のせ)て、ロケットを打ち上げる(うちあげる)ようになりました。

死ん(しん)でしまった(いぬ)はいますか?

RH:実験(じっけん)目的(もくてき)は、(いぬ)絶対(ぜったい)死な(しな)せないことにありました。研究(けんきゅう)(しゃ)たちは、モスクワの(まち)をうろついていた(いぬ)をつかまえました。たいていは、メスが使わ(つかわ)れました。メスなら、排尿(はいにょう)()()上げる(あげる)必要(ひつよう)がないからです。カプセルの空間(くうかん)がきわめて限ら(かぎら)れていたので、そのほうが好都合(こうつごう)でした。

(いぬ)たちは大切(たいせつ)世話(せわ)されていました。愛さ(あいさ)れていた、と言っ(いっ)てもいいのではないかと思い(おもい)ます。(いぬ)たちは徹底的(てっていてき)訓練(くんれん)をやり遂げ、小さな(ちいさな)宇宙(うちゅう)(ふく)与え(あたえ)られ、その環境(かんきょう)順応(じゅんのう)しました。

しかし当然(とうぜん)のことながら、かなりの(かず)(いぬ)(いのち)落とし(おとし)ました。ロケットが爆発(ばくはつ)することもあったし、大気圏(たいきけん)突入(とつにゅう)失敗(しっぱい)することもありました。宇宙(うちゅう)行っ(いっ)(いぬ)総数(そうすう)がわからないので、死ん(しん)(いぬ)正確(せいかく)(かず)示し(しめし)がたいのですが、およそ半数(はんすう)生き延び(いきのび)られませんでした。とはいえ、それはけっして意図(いと)した結果(けっか)ではありません。(いぬ)死ぬ(しぬ)ことになるとあらかじめわかっていた事例(じれい)は、ごくわずかでした。

Roscosmos

「スプートニク5(ごう)」カプセル(ない)特殊(とくしゅ)チャンバー。化学(かがく)処理(しょり)したプレートが備えつけ(そなえつけ)られており、このプレートが酸素(さんそ)放出(ほうしゅつ)し、二酸化炭素(にさんかたんそ)過剰(かじょう)湿気(しっけ)吸収(きゅうしゅう)する。制御(せいぎょ)装置(そうち)により、温度(おんど)気圧(きあつ)(いぬ)たちの生命(せいめい)徴候(ちょうこう)監視(かんし)されていた。


Martin parr

宇宙(うちゅう)(ふく)呼吸(こきゅう)装置(そうち)()につけたベルカとストレルカ。手描き(てがき)のグジェリ陶器(とうき)(ぞう)


宇宙(うちゅう)から帰還(きかん)した(いぬ)たちは、大衆(たいしゅう)にどのように受け止め(うけとめ)られましたか?

RH:とりわけ興味深い(きょうみぶかい)のは、帰還(きかん)できないことが最初(さいしょ)からわかっていたある(いぬ)のケースです。ライカという()のその(いぬ)は、地球(ちきゅう)軌道(きどう)周回(しゅうかい)した最初(さいしょ)動物(どうぶつ)になりました。

(1957(ねん)10(つき)に)世界(せかい)(はつ)人工(じんこう)衛星(えいせい)「スプートニク1(ごう)」が打ち上げ(うちあげ)られたあと、ソ連は(いぬ)宇宙(うちゅう)送り出せる(おくりだせる)ようになりましたが、地球(ちきゅう)帰還(きかん)させる能力(のうりょく)はまだありませんでした。そのため、(1957(ねん)11(つき)にライカを乗せ(のせ)た)「スプートニク2(ごう)」のカプセルを閉じる(とじる)ときには、ライカが死ぬ(しぬ)運命(うんめい)にあることはわかっていました。

当初(とうしょ)計画(けいかく)では、ライカはカプセル(ない)穏やか(おだやか)に、苦しま(くるしま)ずに死ぬ(しぬ)ことになっていました。しかし残念(ざんねん)ながら、実際(じっさい)にはカプセルが過熱(かねつ)し、ライカはおそらく、ひどい苦しみ(くるしみ)味わい(あじわい)ながら死ん(しん)だと考え(かんがえ)られています。

(わたし)がこの(はなし)をした理由(りゆう)は、その後の文化(ぶんか)におけるライカの描か(えがか)(かた)にあります。ライカはしばしば、ストイックに描か(えがか)れます。ほとんど祖国(そこく)象徴(しょうちょう)のようになっているのです。ライカの()はどれも、非常(ひじょう)高貴(こうき)真剣(しんけん)雰囲気(ふんいき)湛え(たたえ)ています。

Itar-tass News Agency / Alamy Stock Photo

ストレルカがプショークとのあいだにもうけた「子犬(こいぬ)(pupnik)」の1(とう)、クドリャシュカ(Kudryashka)。プショークも宇宙(うちゅう)(いぬ)プログラムの一員(いちいん)だったが、参加(さんか)したのは地上(ちじょう)での実験(じっけん)だけだった。


Martin parr

1961(ねん)3(つき)地球(ちきゅう)を1(しゅう)した宇宙(うちゅう)(いぬ)ズヴョズダチカの(すず)(せい)菓子(かし)(ばこ)


しかし、(1960(ねん)に)ベルカとストレルカを宇宙(うちゅう)送り出し(おくりだし)彼ら(かれら)地球(ちきゅう)軌道(きどう)周回(しゅうかい)して無事(ぶじ)地球(ちきゅう)帰還(きかん)したときには、(だれ)もがとにかく熱狂(ねっきょう)しました! ベルカとストレルカは、クリスマスの飾り(かざり)つけや煙草(たばこ)のパッケージ、バッジや時計(とけい)宇宙船(うちゅうせん)のおもちゃ、ソルトシェイカー、腕時計(うでどけい)登場(とうじょう)しました。ものすごいセレブになったのです。

いまでも動物(どうぶつ)たちは宇宙(うちゅう)へと送ら(おくら)れているのですか?

RH:ここで(こころ)留め(とめ)ておくべき大切(たいせつ)(てん)は、(いぬ)たちの宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)無駄(むだ)ではなかったということです。ライカからベルカとストレルカ、そしてそのあと宇宙(うちゅう)送ら(おくら)れた(いぬ)たちにいたるまでのすべて――そこから学ん(まなん)だことのすべてが、有人(ゆうじん)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)計画(けいかく)(かて)になったことはまちがいありません。現代(げんだい)のすべての宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)()()重力(じゅうりょく)空間(くうかん)での生存(せいぞん)に関する知識(ちしき)持っ(もっ)ているのは……そうした宇宙(うちゅう)(いぬ)たちが、みずから望ん(のぞん)だわけではなくとも(みち)切り(きり)拓い(ひらい)てくれたおかげです。

とはいえ、いまではもう、どこの(くに)でも、宇宙(うちゅう)(いぬ)打ち上げ(うちあげ)てはいません。アメリカがかつてしていたように、チンパンジーを宇宙(うちゅう)送る(おくる)こともしていません。ただし、マウスや昆虫(こんちゅう)はいまでも、しばしば宇宙(うちゅう)利用(りよう)されています。

実際(じっさい)のところ、いまでは実験(じっけん)のほとんどが人間(にんげん)でおこなわれています。最近(さいきん)では、スコット・ケリーが国際(こくさい)宇宙(うちゅう)ステーションで(まる)1(ねん)過ごし(すごし)地上(ちじょう)にいる双子(ふたご)のきょうだいと比較(ひかく)されました。宇宙(うちゅう)にいる宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)()全員(ぜんいん)血液(けつえき)採取(さいしゅ)され、(すじ)(せい)(けん)受け(うけ)研究(けんきゅう)参加(さんか)しています。つまり、現在(げんざい)実験(じっけん)は、実際(じっさい)宇宙(うちゅう)にいる人間(にんげん)調べる(しらべる)段階(だんかい)移行(いこう)しているということです。それでも、先駆(せんく)(しゃ)としての任務(にんむ)果たし(はたし)宇宙(うちゅう)(いぬ)たちに人類(じんるい)大きな(おおきな)恩義(おんぎ)負っ(おっ)ていることは、ずっと変わり(かわり)ありません。

Itar-tass News Agency / Alamy Stock Photo

宇宙(うちゅう)(いぬ)たちは、宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)備え(そなえ)厳しい(きびしい)訓練(くんれん)受け(うけ)た。特定(とくてい)(おと)振動(しんどう)怖がら(こわがら)ないように教え(おしえ)られ、ロケット発射(はっしゃ)をシミュレーションするセントリフュージ(遠心(えんしん)加速器(かそくき))に入れ(いれ)られ、身体(しんたい)にかかる遠心(えんしん)(りょく)影響(えいきょう)検査(けんさ)された。


Martin parr

手作り(てずくり)手描き(てがき)の5(たい)木製(もくせい)マトリョーシカ人形(にんぎょう)セット。


Popperfoto / Getty Images

サブオービタル((じゅん)軌道(きどう)飛行(ひこう)()にパラシュートとカプセルで無事(ぶじ)地球(ちきゅう)帰還(きかん)し、無傷(むきず)回収(かいしゅう)されるソ連の宇宙(うちゅう)(けん)


Heritage Images / Getty Images

この勇敢(ゆうかん)子犬(こいぬ)たち、ベルカとストレルカは、のちにソ連で最初(さいしょ)のスーパースターになった。個人(こじん)偉業(いぎょう)称賛(しょうさん)慎ま(つつしま)れていた政権(せいけん)()で、この(いぬ)たちは英雄(えいゆう)として称え(となえ)られた。現代(げんだい)のポップスターも羨む(うらやむ)ような報道(ほうどう)宣伝(せんでん)展開(てんかい)され、彼ら(かれら)称える(たたえる)(ほん)映画(えいが)がつくられた。


Martin Parr

ライカが描か(えがか)れた1958(ねん)絵葉書(えはがき)(ひだり))。描い(えがい)たのは、アーティストのE・ブンドビン(E. Bundobin)。背景(はいけい)には最初(さいしょ)の3()のスプートニクが描か(えがか)れている。

()(つき)変え(かえ)られる回転(かいてん)ダイアルを備え(そなえ)た1957(ねん)卓上(たくじょう)カレンダー((みぎ))。正面(しょうめん)にはライカの浮き彫り(うきぼり)(ぞう)施さ(ほどこさ)れ、上部(じょうぶ)には宇宙(うちゅう)カプセルの模型(もけい)乗っ(のっ)ている。裏面(りめん)書か(かか)れた文字(もじ)は、世界(せかい)労働(ろうどう)(しゃ)団結(だんけつ)呼びかけ(よびかけ)ている。





この記事(きじ)英語(えいご)から翻訳(ほんやく)編集(へんしゅう)しました。翻訳(ほんやく)梅田(うめだ)智世(ともよ)/ガリレオ、編集(へんしゅう):BuzzFeed Japan


Loading