実戦(じっせん)状況(じょうきょう)をリアルに再現(さいげん)(べい)海軍(かいぐん)がMagic Leap Oneを用い(もちい)訓練(くんれん)システムを導入(どうにゅう)

VR/ARは軍事(ぐんじ)分野(ぶんや)でも活用(かつよう)進ん(すすん)でおり、おもに兵士(へいし)訓練(くんれん)目的(もくてき)として導入(どうにゅう)されています。

先日(せんじつ)米国(べいこく)海軍(かいぐん)はARヘッドセット「Magic Leap One」用い(もちい)兵士(へいし)(よう)訓練(くんれん)システムを導入(どうにゅう)し、従来(じゅうらい)はコストのかかっていた様々(さまざま)訓練(くんれん)シナリオを、ARで手軽(てがる)再現(さいげん)できます。

(べい)海軍(かいぐん)がMagic Leap Oneを活用(かつよう)した訓練(くんれん)システムを導入(どうにゅう)

この訓練(くんれん)システムはMagic Leapが開発(かいはつ)したもので、兵士(へいし)はヘッドセットを装着(そうちゃく)して、実戦(じっせん)想定(そうてい)した様々(さまざま)なシナリオを体験(たいけん)します。

それぞれのシナリオはルームサイズ規模(きぼ)本格(ほんかく)(てき)なもので、海上(かいじょう)での任務(にんむ)(ちゅう)実戦(じっせん)想定(そうてい)した動き(うごき)をARで学習(がくしゅう)します。

民間(みんかん)技術(ぎじゅつ)転用(てんよう)した訓練(くんれん)システム

このシステムはTRACER(Tactically Reconfigurable Artificial Combat Enhanced Reality:戦術(せんじゅつ)(てき)(さい)構成(こうせい)可能(かのう)人工(じんこう)(てき)戦闘(せんとう)拡張(かくちょう)現実(げんじつ))という名称(めいしょう)で、(どう)システムには様々(さまざま)技術(ぎじゅつ)活用(かつよう)されています。

TRACERを使用(しよう)する兵士(へいし)はMagic Leap Oneを装着(そうちゃく)する(ほか)、バックパックPCを背負い(せおい)ます。またStrikerVR(せい)のハプティックデバイスを装着(そうちゃく)した模擬(もぎ)ライフルを携行(けいこう)し、(じゅう)のリコイルまで正確(せいかく)再現(さいげん)します。

従来(じゅうらい)不可能(ふかのう)だった訓練(くんれん)可能(かのう)

TRACERは元々(もともと)米国(べいこく)陸軍(りくぐん)進める(すすめる)プロジェクト「ARDST(Augmented Reality Dismounted Soldier Training)」の一環(いっかん)として開発(かいはつ)されましたが、(どう)プロジェクトに()付け(つけ)たのが(べい)海軍(かいぐん)です。

(どう)システムはその後海軍(かいぐん)兵士(へいし)向け(むけ)採用(さいよう)されましたが、(べい)海軍(かいぐん)兵士(へいし)向け(むけ)のシステム開発(かいはつ)行う(おこなう)Dr. Patrick Mead()はTRACERの紹介(しょうかい)ビデオの(なか)で、

海軍(かいぐん)訓練(くんれん)システムを()てみると、我々(われわれ)未だに(いまだに)多く(おおく)訓練(くんれん)プロセスを従来(じゅうらい)伝統(でんとう)(てき)手段(しゅだん)頼っ(たよっ)ていますが、兵士(へいし)必要(ひつよう)訓練(くんれん)施す(ほどこす)ための時間(じかん)限ら(かぎら)れています。(中略(ちゅうりゃく))AR/VR技術(ぎじゅつ)、その他の周辺(しゅうへん)デバイスによって可能(かのう)になる様々(さまざま)なことによって、これまで不可能(ふかのう)だった訓練(くんれん)シナリオを実現(じつげん)できます。

述べ(のべ)ており、VR/AR技術(ぎじゅつ)によってより効率(こうりつ)(てき)かつコストを削減(さくげん)した効果(こうか)(てき)なトレーニングが可能(かのう)になる、と述べ(のべ)ています。

(べい)(ぐん)活用(かつよう)進む(すすむ)VR/AR

VR/ARは海軍(かいぐん)だけでなく陸軍(りくぐん)でも既に(すでに)導入(どうにゅう)始まっ(はじまっ)ており、2018(ねん)12(つき)にはMicrosoftが米国(べいこく)陸軍(りくぐん)契約(けいやく)し、兵士(へいし)訓練(くんれん)実戦(じっせん)両方(りょうほう)使える(つかえる)戦闘(せんとう)(よう)ARシステムを10(まん)(だい)提供(ていきょう)する契約(けいやく)結ん(むすん)だことで話題(わだい)になりました。

このシステムは「IVAS(Integrated Visual Augmentation System)」というプロジェクトの(もと)開発(かいはつ)進め(すすめ)られており、ベースとなるのはMRヘッドセット「HoloLens」になるとのことです。

ウクライナ(ぐん)のHoloLens付き(つき)ヘルメット

陸軍(りくぐん)向け(むけ)改良(かいりょう)されたARデバイスでは、例えば(たとえば)ナイトビジョン(夜間(やかん)(くら)())やサーマル((ねつ)感知(かんち))、呼吸(こきゅう)身体(しんたい)状態(じょうたい)などの生体(せいたい)情報(じょうほう)、また振動(しんどう)モニターやイヤープロテクターなどの実装(じっそう)要件(ようけん)になっており、より軍事(ぐんじ)目的(もくてき)(とく)()したARデバイスになりそうです。

民間(みんかん)技術(ぎじゅつ)軍事(ぐんじ)転用(てんよう)には反対(はんたい)(こえ)

同時に(どうじに)、Microsoft社内(しゃない)では、同社(どうしゃ)開発(かいはつ)する技術(ぎじゅつ)民間(みんかん)向け(むけ)のものであって、これを軍事(ぐんじ)転用(てんよう)することに対して不服(ふふく)述べる(のべる)社員(しゃいん)多く(おおく)、2018(ねん)10(つき)には同社(どうしゃ)従業(じゅうぎょう)(いん)がブログにて、

Microsoftの従業(じゅうぎょう)(いん)多く(おおく)は、我々(われわれ)作る(つくる)ものが戦争(せんそう)利用(りよう)されることを望ま(のぞま)ないと考え(かんがえ)ている。

との声明(せいめい)発表(はっぴょう)しており、多額(たがく)資金(しきん)用い(もちい)軍事(ぐんじ)分野(ぶんや)協力(きょうりょく)することを批判(ひはん)しています。

一方(いっぽう)で、Microsoftの経営(けいえい)(じん)同社(どうしゃ)今後(こんご)軍事(ぐんじ)分野(ぶんや)密接(みっせつ)協力(きょうりょく)する姿勢(しせい)貫い(つらぬい)ており、同社(どうしゃ)決定(けってい)不服(ふふく)のある従業(じゅうぎょう)(いん)()部署(ぶしょ)配置(はいち)するなどの対策(たいさく)講じ(こうじ)ています。

HoloLens同様(どうよう)、Magic Leap Oneも民間(みんかん)向け(むけ)開発(かいはつ)されたARヘッドセットであるため、こうした民間(みんかん)技術(ぎじゅつ)軍事(ぐんじ)転用(てんよう)に対する反対(はんたい)意見(いけん)出る(でる)ことも考え(かんがえ)られます。

VR/ARやドローン、AI(人工(じんこう)知能(ちのう))などの先端(せんたん)技術(ぎじゅつ)軍事(ぐんじ)分野(ぶんや)でも大きな(おおきな)メリットをもたらすため、軍需(ぐんじゅ)産業(さんぎょう)参入(さんにゅう)する企業(きぎょう)には今後(こんご)より強力(きょうりょく)なコンプライアンスが求め(もとめ)られそうです。

まとめ

米国(べいこく)海軍(かいぐん)がMagic Leap Oneを活用(かつよう)した訓練(くんれん)システムを導入(どうにゅう)しました。

この「TRACER」という訓練(くんれん)システムはARヘッドセットを通して、様々(さまざま)実戦(じっせん)のシナリオをルームスケールで再現(さいげん)することが可能(かのう)です。

(まい)(ぐん)はVR/ARを積極(せっきょく)(てき)取り入れ(とりいれ)ていることで知ら(しら)れており、米国(べいこく)陸軍(りくぐん)訓練(くんれん)実戦(じっせん)両方(りょうほう)使える(つかえる)ARヘッドセットの開発(かいはつ)をMicrosoftと進め(すすめ)ています。

兵士(へいし)がヘッドマウントディスプレイを着け(つけ)戦闘(せんとう)参加(さんか)する姿(すがた)は、まるでSF映画(えいが)彷彿(ほうふつ)とさせますが、同時に(どうじに)これらの技術(ぎじゅつ)開発(かいはつ)行う(おこなう)企業(きぎょう)今後(こんご)、より活発(かっぱつ)倫理(りんり)(てき)議論(ぎろん)必要(ひつよう)になりそうです。

参考(さんこう)サイト:VRScout

Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

Loading