日本航空(にほんこうくう)(せき)予約(よやく)するときの「幼児(ようじ)マーク」に賛成(さんせい)反対(はんたい)

日本航空(にほんこうくう)は2013(ねん)から、飛行機(ひこうき)(せき)予約(よやく)するためのウェブサイトで、3(さい)にならない子ども(こども)がいる(せき)に「幼児(ようじ)マーク」を付け(つけ)ています。 日本航空(にほんこうくう)乗っ(のっ)たアメリカの男性(だんせい)がこのマークについて、「大きな(おおきな)(こえ)泣く(なく)赤ちゃん(あかちゃん)がどこにいるか教え(おしえ)てくれてありがとう」とインターネットに書き(かき)ました。そして、男性(だんせい)が「ほかの会社(かいしゃ)同じ(おなじ)ようにしなければならない」と書い(かい)たため、インターネットで議論(ぎろん)になりました。 小さな(ちいさな)子ども(こども)がいる(おや)静か(しずか)休み(やすみ)たいという(ひと)たちはマークに賛成(さんせい)しています。しかし「子ども(こども)近く(ちかく)にはいたくないという考え方(かんがえかた)差別(さべつ)になる」という意見(いけん)もあります。イギリスのBBCなどもこの議論(ぎろん)伝え(つたえ)ました。 日本航空(にほんこうくう)は「小さな(ちいさな)子ども(こども)連れ(つれ)たお客さまからの意見(いけん)で、マークを付け(つけ)始め(はじめ)ました。どのお客さまも気持ちよく(きもちよく)利用(りよう)できるようにしていきます」と話し(はなし)ています。

Loading