子ども(こども)たちが裁判(さいばん)について勉強(べんきょう)するイベント

夏休み(なつやすみ)(ちゅう)子ども(こども)たちが、最高(さいこう)裁判所(さいばんしょ)裁判(さいばん)について勉強(べんきょう)するイベントがありました。子ども(こども)たちとお父さんやお母さんが350(にん)ぐらい()ました。 裁判(さいばん)をする部屋(へや)では、子ども(こども)たちが裁判(さいばん)のやり方を体験(たいけん)しました。検察官(けんさつかん)弁護士(べんごし)(やく)子ども(こども)事件(じけん)について質問(しつもん)したり、裁判官(さいばんかん)(やく)子ども(こども)裁判(さいばん)決まっ(きまっ)(つみ)をみんなに伝え(つたえ)たりしていました。 イベントでは裁判官(さいばんかん)質問(しつもん)もできました。小学校(しょうがっこう)子ども(こども)が「裁判(さいばん)でうそを言っ(いっ)(ひと)がいたら、わかりますか」と聞き(きき)ました。裁判官(さいばんかん)は「その(ひと)(はなし)だけではなくて、間違い(まちがい)がないと思う(おもう)証拠(しょうこ)使っ(つかっ)て、うそかどうかを決め(きめ)ます」と答え(こたえ)ました。 小学校(しょうがっこう)年生(ねんせい)男の子(おとこのこ)は「どのように裁判(さいばん)をしているか知る(しる)ことができて、よかったです」と話し(はなし)ていました。

Loading