サウジアラビアで日本の会社が花火のイベントを開く

サウジアラビアで日本(にっぽん)会社(かいしゃ)花火(はなび)のイベントを開く(ひらく)

サウジアラビアはイスラム教の(くに)で、映画(えいが)やコンサートなどの楽しみ(たのしみ)禁止(きんし)されていました。しかし、最近(さいきん)外国(がいこく)文化(ぶんか)楽しむ(たのしむ)ことができるようになりました。 23(にち)(くに)ができたことを祝う(いわう)()で、ジッダという(まち)では日本(にっぽん)会社(かいしゃ)花火(はなび)のイベントを開き(ひらき)ました。ステージの音楽(おんがく)踊り(おどり)動き(うごき)一緒(いっしょ)に、1(まん)2000の花火(はなび)上がり(あがり)ました。サウジアラビアの踊り(おどり)のときに大きな(おおきな)花火(はなび)上がる(あがる)と、()ていた(ひと)たちは大きな(おおきな)(こえ)出し(だし)喜ん(よろこん)でいました。 イベントに()女性(じょせい)は「初めて(はじめて)経験(けいけん)でした。花火(はなび)魔法(まほう)のようでした」と話し(はなし)ていました。

Loading