台風で「一部損壊」になった家 国が特別にお金を出す

台風(たいふう)で「一部(いちぶ)損壊(そんかい)」になった(いえ) (くに)特別(とくべつ)にお金を出す(だす)

千葉(ちば)(けん)では、台風(たいふう)15(ごう)強い(つよい)(かぜ)で1(まん)7000以上(いじょう)(いえ)屋根(やね)などが壊れ(こわれ)ました。この(なか)の90%ぐらいは、(いえ)一部(いちぶ)壊れ(こわれ)た「一部(いちぶ)損壊(そんかい)」です。(いえ)がひどく壊れ(こわれ)場合(ばあい)は、(いえ)直す(なおす)ためのお金を(くに)からもらうことができますが、「一部(いちぶ)損壊(そんかい)」の場合(ばあい)はもらうことができません。 このため、(くに)特別(とくべつ)に、台風(たいふう)15(ごう)で「一部(いちぶ)損壊(そんかい)」になった場合(ばあい)も、(いえ)直す(なおす)お金の一部(いちぶ)出す(だす)ことにしました。 このほかに(くに)は、千葉(ちば)(けん)()(まち)に、(いえ)がどのくらい壊れ(こわれ)たかチェックするとき、住ん(すん)でいる(ひと)がどのくらい困っ(こまっ)ているかもよく考える(かんがえる)ように言い(いい)ました。(いえ)がどのくらい壊れ(こわれ)たかで、もらうお金が違い(ちがい)ます。(くに)は、屋根(やね)壊れ(こわれ)(いえ)(なか)(あめ)入っ(はいっ)場合(ばあい)は「一部(いちぶ)損壊(そんかい)」より多く(おおく)のお金をもらうことができるようにしようと考え(かんがえ)ています。

Loading