原発(げんぱつ)事故(じこ)から8(ねん) 福島(ふくしま)(けん)飯舘(いいたて)(むら)乳牛(にゅうぎゅう)をまた育て(そだて)始める(はじめる)

福島(ふくしま)(けん)飯舘(いいたて)(むら)(うし)育てる(そだてる)仕事(しごと)盛ん(さかん)でした。しかし、8(ねん)(まえ)原発(げんぱつ)原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ))の事故(じこ)で、(むら)住む(すむ)ことができなくなって、(うし)育てる(そだてる)仕事(しごと)もできなくなりました。 2(ねん)(まえ)(むら)戻っ(もどっ)てもいいことになってから、2つの農家(のうか)(ひと)たちはまた(むら)(うし)育てる(そだてる)ための準備(じゅんび)をしてきました。そして16(にち)、22(とう)子ども(こども)(うし)牧場(ぼくじょう)運ん(はこん)で、乳牛(にゅうぎゅう)育てる(そだてる)仕事(しごと)始め(はじめ)ました。乳牛(にゅうぎゅう)をまた育てる(そだてる)までに8(ねん)4か月かかりました。 この牧場(ぼくじょう)では、生まれ(うまれ)てから8か月の(うし)を2(さい)ぐらいまで育て(そだて)ます。乳牛(にゅうぎゅう)は200(とう)ぐらいまで増やす(ふやす)予定(よてい)です。(むら)(うし)育てる(そだてる)仕事(しごと)をもう一度盛ん(さかん)にしたいと考え(かんがえ)ています。 農家(のうか)(ひと)は「また(うし)育てる(そだてる)ことができてうれしいです。将来(しょうらい)は、この仕事(しごと)若い(わかい)(ひと)女性(じょせい)でも簡単(かんたん)にできるようにして、飯舘(いいたて)(むら)元気(げんき)にしたいです」と話し(はなし)ていました。

Loading