コヤマコウモリが北海道で子どもを育てているかもしれない

コヤマコウモリが北海道(ほっかいどう)子ども(こども)育て(そだて)ているかもしれない

北海道(ほっかいどう)上ノ国(かみのくに)(まち)にある風力(ふうりょく)発電(はつでん)(しょ)で、おととし8月、5(ひき)のこうもりが死ん(しん)でいるのが見つかり(みつかり)ました。電気(でんき)をつくるために回っ(まわっ)ていた風車(かざぐるま)にぶつかった可能(かのう)(せい)があります。 5(ひき)は「コヤマコウモリ」の子ども(こども)だとわかりました。コヤマコウモリは(からだ)(なが)さが8cmぐらいで、日本(にっぽん)だけにいると言わ(いわ)れています。(いま)までに見つかっ(みつかっ)たのは東北(とうほく)地方(ちほう)関東(かんとう)地方(ちほう)の27(ひき)だけで、将来(しょうらい)いなくなることが心配(しんぱい)されています。日本(にっぽん)のどこにいるのか、子ども(こども)をどこで育て(そだて)ているのかなどまだわかっていません。 こうもりを研究(けんきゅう)したり守っ(まもっ)たりしている団体(だんたい)は、コヤマコウモリが子ども(こども)育て(そだて)ている場所(ばしょ)近く(ちかく)にあると考え(かんがえ)ています。このため、発電(はつでん)(しょ)調査(ちょうさ)をするように言っ(いっ)ています。団体(だんたい)(ひと)は「大切(たいせつ)なコヤマコウモリを守る(まもる)ためにできることをしてほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading