ブラジルで日本語(にほんご)のカラオケ大会(たいかい) 720(にん)歌う(うたう)

ブラジルには、日本(にっぽん)から移住(いじゅう)した(ひと)子ども(こども)(まご)などの日系(にっけい)(じん)が200(まん)(にん)ぐらいいます。最近(さいきん)日系(にっけい)(じん)(なか)でカラオケがとても人気(にんき)があります。 ブラジルのクリチバでは、19(にち)から21(にち)まで日本語(にほんご)のカラオケ大会(たいかい)がありました。1(ねん)に1(かい)ある大きな(おおきな)大会(たいかい)で、2(さい)から96(さい)までの720(にん)参加(さんか)しました。 大会(たいかい)では、日本語(にほんご)(うた)のことばの意味(いみ)がよくわかって、気持ち(きもち)上手(じょうず)表現(ひょうげん)して歌っ(うたっ)ているかチェックしました。そして、(とし)(うた)種類(しゅるい)などで分け(わけ)た20の部門(ぶもん)で1(ばん)決め(きめ)ました。参加(さんか)した半分(はんぶん)以上(いじょう)(ひと)日本語(にほんご)がわかりませんが、いつもは使わ(つかわ)ない日本語(にほんご)一生懸命(いっしょうけんめい)歌っ(うたっ)ていました。会場(かいじょう)()(ひと)は、大きな(おおきな)拍手(はくしゅ)をしていました。 7(さい)部門(ぶもん)で1(ばん)になった女の子(おんなのこ)は「日本(にっぽん)行く(いく)ことが(ゆめ)なので日本語(にほんご)勉強(べんきょう)したいです。自分(じぶん)日系(にっけい)(じん)だということを誇り(ほこり)思っ(おもっ)ています」と話し(はなし)ていました。

Loading