日本(にっぽん)作る(つくる)新しい(あたらしい)スーパーコンピューター 名前(なまえ)は「富岳(ふがく)

日本(にっぽん)作っ(つくっ)ている新しい(あたらしい)スーパーコンピューターの名前(なまえ)が、「富岳(ふがく)」に決まり(きまり)ました。「富岳(ふがく)」は富士山(ふじさん)という意味(いみ)です。 世界(せかい)では、速い(はやい)スーパーコンピューターを作る(つくる)競争(きょうそう)激しく(はげしく)なっています。日本(にっぽん)の「(きょう)」はスーパーコンピューターの計算(けいさん)(はや)さで、2011(ねん)世界(せかい)で1(ばん)になりました。しかしそのあと、もっと速い(はやい)コンピューターが()てきました。 新しい(あたらしい)富岳(ふがく)」は、コンピューターの(のう)働き(はたらき)をするCPUの(はや)さが「(きょう)」の20(ばい)です。災害(さいがい)医療(いりょう)など9つの分野(ぶんや)でよく使う(つかう)ソフトウエアを速く(はやく)動かす(うごかす)こともできるようになります。このため、「(きょう)」の100(ばい)ぐらい速く(はやく)作業(さぎょう)することができます。世界(せかい)最も(もっとも)速く(はやく)なりそうです。 理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)富士通(ふじつう)今年(ことし)3月から「富岳(ふがく)」のハードウエアなどを作り(つくり)始め(はじめ)ています。(くに)は2021(ねん)ごろから「富岳(ふがく)」を使い(つかい)たいと考え(かんがえ)ています。

Loading