危険(きけん)運転(うんてん)をされたときのための新しい(あたらしい)保険(ほけん)ができた

(くるま)運転(うんてん)しているとき、ほかの(くるま)から危険(きけん)運転(うんてん)をされて、トラブルになることが問題(もんだい)になっています。 このため、保険(ほけん)会社(かいしゃ)東京(とうきょう)海上(かいじょう)日動(にちどう)は、危険(きけん)運転(うんてん)をされたときのための新しい(あたらしい)保険(ほけん)来月(らいげつ)から始める(はじめる)ことにしました。この保険(ほけん)では、会社(かいしゃ)有料(ゆうりょう)貸す(かす)ドライブレコーダーを使い(つかい)ます。危険(きけん)運転(うんてん)をされたとき、ドライブレコーダーのボタンを押す(おす)と、警備(けいび)会社(かいしゃ)(ひと)話す(はなす)ことができます。ドライブレコーダーで撮っ(とっ)たビデオを警備(けいび)会社(かいしゃ)送る(おくる)こともできます。警備(けいび)会社(かいしゃ)は、危険(きけん)だと思っ(おもっ)たら警察(けいさつ)連絡(れんらく)します。 (べつ)保険(ほけん)会社(かいしゃ)も、撮っ(とっ)たビデオを家族(かぞく)のスマートフォンに送る(おくる)ドライブレコーダーを貸し(かし)ています。家族(かぞく)から警察(けいさつ)にすぐ連絡(れんらく)できるようにするためです。新しい(あたらしい)保険(ほけん)で、危険(きけん)運転(うんてん)での被害(ひがい)少なく(すくなく)できるかどうか注目(ちゅうもく)されています。

Loading