新しく(あたらしく)大学(だいがく)入学(にゅうがく)試験(しけん)使う(つかう)英語(えいご)試験(しけん) 公平(こうへい)かどうか心配(しんぱい)

大学(だいがく)入学(にゅうがく)するために多く(おおく)(ひと)受ける(うける)「センター試験(しけん)」は、2021(ねん)1月から「大学(だいがく)入学(にゅうがく)共通(きょうつう)テスト」にかわります。「大学(だいがく)入学(にゅうがく)共通(きょうつう)テスト」は(くに)行う(おこなう)試験(しけん)ですが、(くに)以外(いがい)行う(おこなう)英語(えいご)検定(けんてい)試験(しけん)使う(つかう)ことができるようになります。使う(つかう)ことができるのは「(えい)(けん)」や「TOEIC」などです。 高校(こうこう)英語(えいご)教え(おしえ)ている先生(せんせい)は、去年(きょねん)生徒(せいと)受け(うけ)検定(けんてい)試験(しけん)(てん)驚い(おどろい)たと話し(はなし)ています。「(まち)をきれいにするために(なに)ができると思い(おもい)ますか。理由(りゆう)書い(かい)てください」という問題(もんだい)がありました。生徒(せいと)書い(かい)答え(こたえ)は「I think to inportant」だけでした。文法(ぶんぽう)単語(たんご)間違っ(まちがっ)ていましたが、160(てん)のうち41(てん)もらっていました。この先生(せんせい)は、自分(じぶん)(てん)をつけたら0(てん)だと話し(はなし)ていました。 (くに)以外(いがい)行っ(おこなっ)ている試験(しけん)は、学生(がくせい)のアルバイトや外国(がいこく)(てん)をつけていることがあります。このため、専門(せんもん)()公平(こうへい)かどうか心配(しんぱい)だと話し(はなし)ています。

Loading