昭和(しょうわ)天皇(てんのう)との会話(かいわ)書い(かい)大事(だいじ)資料(しりょう)見つかっ(みつかっ)

昭和(しょうわ)天皇(てんのう)は、(いま)天皇陛下(てんのうへいか)祖父(そふ)で、上皇(じょうこう)さまの(ちち)です。 戦争(せんそう)終わっ(おわっ)たあと最初(さいしょ)宮内庁(くないちょう)長官(ちょうかん)だった田島(たじま)道治(みちはる)さんが、昭和(しょうわ)天皇(てんのう)との会話(かいわ)書い(かい)たノートなどの大事(だいじ)資料(しりょう)見つかり(みつかり)ました。ノートには1949(ねん)から1953(ねん)までの会話(かいわ)書い(かい)てあります。 この(なか)で、昭和(しょうわ)天皇(てんのう)戦争(せんそう)への後悔(こうかい)について(なん)()話し(はなし)ていました。1952(ねん)日本(にっぽん)独立(どくりつ)戻っ(もどっ)たことを祝う(いわう)(しき)がありました。この(しき)昭和(しょうわ)天皇(てんのう)は、戦争(せんそう)への深い(ふかい)後悔(こうかい)と、二度と(にどと)戦争(せんそう)をしないための反省(はんせい)気持ち(きもち)伝え(つたえ)たいと強く(つよく)思っ(おもっ)ていました。しかし、吉田(よしだ)(しげる)総理(そうり)大臣(だいじん)が「戦争(せんそう)始め(はじめ)責任(せきにん)があると言わ(いわ)れるかもしれない」と言っ(いっ)反対(はんたい)しました。このため、昭和(しょうわ)天皇(てんのう)自分(じぶん)言い(いい)たかった後悔(こうかい)気持ち(きもち)話し(はなし)ませんでした。 専門(せんもん)()は「昭和(しょうわ)天皇(てんのう)は、みんなの(まえ)戦争(せんそう)への後悔(こうかい)反省(はんせい)についてはっきり話し(はなし)たことがありません。とても深い(ふかい)後悔(こうかい)気持ち(きもち)伝え(つたえ)たいと思っ(おもっ)ていたことに驚き(おどろき)ました」と話し(はなし)ています。

Loading