地球(ちきゅう)からとても遠く(とおく)にある2つの銀河(ぎんが)が1つになった

宇宙(うちゅう)(いま)から138(おく)(ねん)(まえ)にできたあと、銀河(ぎんが)がほかの銀河(ぎんが)と1つになったりぶつかったりして、たくさんの(ほし)ができたと言わ(いわ)れています。 早稲田大学(わせだだいがく)などの研究(けんきゅう)グループは、チリにある「アルマ望遠鏡(ぼうえんきょう)」を使っ(つかっ)て、地球(ちきゅう)からとても遠い(とおい)(ところ)にある銀河(ぎんが)調べ(しらべ)ました。 アルマ望遠鏡(ぼうえんきょう)がこの銀河(ぎんが)のガスやごみなどが出す(だす)電波(でんぱ)集める(あつめる)と、同じ(おなじ)ぐらいの大き(おおき)さの2つの銀河(ぎんが)並ん(ならん)でいることがわかりました。研究(けんきゅう)グループは、2つの銀河(ぎんが)は131(おく)(ねん)ぐらい(まえ)に1つになったと考え(かんがえ)ています。 研究(けんきゅう)グループは「研究(けんきゅう)続け(つずけ)宇宙(うちゅう)がどのようにできたか知り(しり)たいです」と話し(はなし)ています。

Loading