iPS細胞(さいぼう)から2つ以上(いじょう)臓器(ぞうき)(いち)()作る(つくる)

iPS細胞(さいぼう)は、(からだ)のいろいろな部分(ぶぶん)変わる(かわる)ことができる細胞(さいぼう)です。 東京医科歯科大学(とうきょういかしかだいがく)武部(たけべ)貴則(たかのり)教授(きょうじゅ)のグループは、iPS細胞(さいぼう)から肝臓(かんぞう)やすい臓など2つ以上(いじょう)臓器(ぞうき)(いち)()作っ(つくっ)たと発表(はっぴょう)しました。 グループは最初(さいしょ)に、(ひと)のiPS細胞(さいぼう)消化(しょうか)()変わる(かわる)(まえ)まで育て(そだて)ました。そして、違う(ちがう)臓器(ぞうき)になる細胞(さいぼう)一つ(ひとつ)合わせ(あわせ)育てる(そだてる)と、肝臓(かんぞう)とすい臓と、両方(りょうほう)をつなぐ(きも)(かん)(いち)()にできました。大き(おおき)さは(やく)1cmで、お母さんのお腹の中(はらのうち)にいる1か月の赤ちゃん(あかちゃん)臓器(ぞうき)同じ(おなじ)ぐらいです。肝臓(かんぞう)から液体(えきたい)流れ(ながれ)て、臓器(ぞうき)働く(はたらく)こともわかりました。 iPS細胞(さいぼう)から2つ以上(いじょう)臓器(ぞうき)(いち)()作っ(つくっ)たのは世界(せかい)初めて(はじめて)です。グループはこれから、血管(けっかん)なども作っ(つくっ)て、(ひと)移植(いしょく)して病気(びょうき)治す(なおす)ために使い(つかい)たいと話し(はなし)ています。

Loading