障害がある人もない人も使いたくなる機械を紹介する

障害(しょうがい)がある(ひと)もない(ひと)使い(つかい)たくなる機械(きかい)紹介(しょうかい)する

(からだ)などに障害(しょうがい)がある(ひと)だけではなくて、みんなが使い(つかい)たくなるような便利(べんり)でかっこいい機械(きかい)紹介(しょうかい)するイベントが、東京(とうきょう)()渋谷(しぶや)()開か(ひらか)れています。 会場(かいじょう)集まっ(あつまっ)た20以上(いじょう)機械(きかい)(なか)には、電気(でんき)動く(うごく)車いす(くるまいす)があります。この車いす(くるまいす)は、カメラやセンサーを使っ(つかっ)周り(まわり)(もの)にぶつからないようにしながら、行き(いき)たい(ところ)まで自動(じどう)進み(すすみ)ます。広い(ひろい)ショッピングセンターなどで、たくさん歩く(あるく)ことが大変(たいへん)(ひと)利用(りよう)することができます。 会場(かいじょう)ではほかに、眼鏡(めがね)付け(つけ)使う(つかう)機械(きかい)紹介(しょうかい)しています。この機械(きかい)は、(なか)にカメラが入っ(はいっ)ていて、眼鏡(めがね)をかけた(ひと)()()読ん(よん)でくれます。腕時計(うでどけい)見る(みる)ときのように(うで)動かす(うごかす)と、(いま)時間(じかん)教え(おしえ)てくれます。()障害(しょうがい)がある(ひと)だけではなくて、漢字(かんじ)がわからない子ども(こども)などにも役に立ち(やくにたち)そうです。

Loading