クラゲが泳ぐ(およぐ)理由(りゆう)遺伝子(いでんし)研究(けんきゅう)でわかってきた

クラゲは、サンゴやイソギンチャクと同じ(おなじ)グループの生き物(いきもの)です。小さい(ちいさい)ときはサンゴなどと同じ(おなじ)ように(うみ)(そこ)付い(つい)ていますが、大きく(おおきく)なると(うみ)(なか)泳ぐ(およぐ)ようになります。どうしてクラゲだけが泳ぐ(およぐ)ようになったのか、沖縄(おきなわ)科学(かがく)技術(ぎじゅつ)大学院(だいがくいん)大学(だいがく)とドイツのチームが研究(けんきゅう)しました。 研究(けんきゅう)チームが2種類(しゅるい)のクラゲの遺伝子(いでんし)調べる(しらべる)と、それぞれ2(まん)ぐらいの遺伝子(いでんし)がありました。そして、この(なか)の97の遺伝子(いでんし)だけが、クラゲが泳ぎ(およぎ)始める(はじめる)ことに関係(かんけい)があるとわかりました。研究(けんきゅう)チームは、97の遺伝子(いでんし)泳ぐ(およぐ)ための筋肉(きんにく)()作っ(つくっ)て、クラゲが泳ぐ(およぐ)ようになったと考え(かんがえ)ています。 研究(けんきゅう)チームは「これから(べつ)のクラゲの遺伝子(いでんし)調べ(しらべ)て、(むかし)から(いま)まで、クラゲがどのように変わっ(かわっ)てきたか研究(けんきゅう)したいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading