10日間の休み ATMはいつもの休みのように利用できる

10日間(にちかん)休み(やすみ) ATMはいつもの休み(やすみ)のように利用(りよう)できる

今年(ことし)は4月27(にち)から5月6(にち)まで休み(やすみ)が10日間(にちかん)続き(つずき)ます。 この休み(やすみ)()も、銀行(ぎんこう)などのATMはいつもの土曜日(どようび)日曜日(にちようび)祝日(しゅくじつ)同じ(おなじ)ように利用(りよう)できます。機械(きかい)(なか)用意(ようい)しておくお金は、いつもの長い(ながい)休み(やすみ)より30%多く(おおく)します。足り(たり)なくならないように、(なか)残っ(のこっ)ているお金を24時間(じかん)チェックします。警備(けいび)をする(ひと)も30%多く(おおく)します。 休み(やすみ)()行く(いく)ことができる病院(びょういん)は、休み(やすみ)始まる(はじまる)(まえ)都道府県(とどうふけん)がウェブサイトなどで知らせ(しらせ)ます。 お金が足り(たり)なくて生活(せいかつ)困っ(こまっ)ている(ひと)がもらう「生活(せいかつ)保護(ほご)」のお金は、()(まち)(むら)毎月(まいつき)(にち)から5(にち)()渡し(わたし)ています。厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は、5月の生活(せいかつ)保護(ほご)のお金は4月26(にち)までに渡す(わたす)ように言い(いい)ました。

Loading