JR東日本 水素からつくった電気で走る電車をつくる

JR東日本 水素(すいそ)からつくった電気(でんき)走る(はしる)電車(でんしゃ)をつくる

JR東日本は、水素(すいそ)からつくった電気(でんき)走る(はしる)電車(でんしゃ)をつくることにしました。タンクに入れ(いれ)水素(すいそ)空気(くうき)(なか)にある酸素(さんそ)使っ(つかっ)て、電気(でんき)をつくります。 電車(でんしゃ)(うえ)にあるタンクに水素(すいそ)全部(ぜんぶ)入れる(いれる)と、140kmぐらい走る(はしる)ことができます。電線(でんせん)変電(へんでん)(しょ)要り(いり)ません。 水素(すいそ)からつくった電気(でんき)走る(はしる)電車(でんしゃ)はドイツでは運転(うんてん)していますが、日本(にっぽん)法律(ほうりつ)では運転(うんてん)できません。このため、JR東日本は、法律(ほうりつ)変え(かえ)てほしいと(くに)言う(いう)ことにしています。

Loading