広島(ひろしま)原爆(げんばく)資料(しりょう)(かん)新しく(あたらしく)なった

広島(ひろしま)()原爆(げんばく)資料(しりょう)(かん)は1955(ねん)にできました。建物(たてもの)古く(ふるく)なって工事(こうじ)をしていた本館(ほんかん)新しく(あたらしく)なって、25(にち)からまた展示(てんじ)見る(みる)ことができるようになりました。 1991(ねん)から変え(かえ)ていなかった展示(てんじ)のしかたも新しく(あたらしく)なりました。本館(ほんかん)は4つのコーナーに分かれ(わかれ)ています。原爆(げんばく)落ち(おち)た1945(ねん)8月6(にち)のまちの様子(ようす)紹介(しょうかい)するコーナーでは、原爆(げんばく)強い(つよい)(かぜ)曲がっ(まがっ)建物(たてもの)鉄材(てつざい)や、亡くなっ(なくなっ)子ども(こども)たちの(ふく)展示(てんじ)しています。 (べつ)のコーナーでは、原爆(げんばく)亡くなっ(なくなっ)(ひと)たちのことを知っ(しっ)てもらうため、使っ(つかっ)ていたベルトなどをその(ひと)写真(しゃしん)一緒(いっしょ)展示(てんじ)しています。 原爆(げんばく)資料(しりょう)(かん)は、亡くなっ(なくなっ)(ひと)たちが使っ(つかっ)ていた(もの)をたくさん展示(てんじ)して、原爆(げんばく)でどんなことが起こっ(おこっ)たか、(いま)まで以上(いじょう)にわかりやすく伝え(つたえ)たいと考え(かんがえ)ています。

Loading