売る目的で鯨をとることを日本がまた始める

売る(うる)目的(もくてき)(くじら)をとることを日本(にっぽん)がまた始める(はじめる)

日本(にっぽん)売る(うる)目的(もくてき)(くじら)をとっていましたが、31(ねん)(まえ)からやめていました。世界(せかい)(くに)(くじら)について話し合う(はなしあう)IWCが「(くじら)少なく(すくなく)なってしまうため、調査(ちょうさ)以外(いがい)目的(もくてき)(くじら)をとってはいけない」と決め(きめ)たからです。しかし日本(にっぽん)はIWCから()て、売る(うる)目的(もくてき)(くじら)をとることを7月1(にち)からまた始め(はじめ)ました。日本(にっぽん)は、(うみ)にいる(くじら)少なく(すくなく)ならないように(りょう)決め(きめ)てとると言っ(いっ)ています。 山口(やまぐち)(けん)下関(しものせき)()では、(くじら)をとる(ふね)出発(しゅっぱつ)をお祝いする(しき)がありました。下関(しものせき)()では(むかし)(くじら)をたくさんとっていたため、「(くじら)のまち」で有名(ゆうめい)です。 下関(しものせき)()市長(しちょう)(しき)で「売る(うる)目的(もくてき)(くじら)をとりたいと長い(ながい)()ずっと思っ(おもっ)ていました。出発(しゅっぱつ)(しき)行う(おこなう)ことができて、とてもうれしいです」と話し(はなし)ました。(みなと)には、(ふね)送り(おくり)()家族(かぞく)集まり(あつまり)ました。(ふね)はこれから3か月の()(くじら)をとります。 1(にち)は、北海道(ほっかいどう)釧路(くしろ)()(みなと)からも(くじら)をとる小さな(ちいさな)(ふね)(せき)出発(しゅっぱつ)しました。

Loading