京都(きょうと)(てら)「カードやスマートフォンで払わ(はらわ)ないでほしい」

京都(きょうと)にある(やく)1000の(てら)入っ(はいっ)ている京都(きょうと)仏教(ぶっきょう)(かい)は、(てら)()(ひと)がお金を払う(はらう)とき、クレジットカードやスマートフォンを利用(りよう)してもいいかどうか話し合っ(はなしあっ)てきました。そして、(てら)見る(みる)ときや祈る(いのる)とき、それに葬式(そうしき)のときにはカードやスマートフォンを利用(りよう)しないでお金で払っ(はらっ)てもらうことにすると発表(はっぴょう)しました。 京都(きょうと)仏教(ぶっきょう)(かい)理由(りゆう)説明(せつめい)しました。説明(せつめい)によると、亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために祈る(いのる)ことは商売(しょうばい)とは違い(ちがい)ます。カードやスマートフォンからその(ひと)宗教(しゅうきょう)などの情報(じょうほう)(そと)()てしまうことも心配(しんぱい)です。 京都(きょうと)仏教(ぶっきょう)(かい)は、仏教(ぶっきょう)以外(いがい)宗教(しゅうきょう)団体(だんたい)同じ(おなじ)ようにしてほしいと言っ(いっ)ています。

Loading